仕事

経理事務に「英語力」は必要か?Google翻訳を活用すればOK!【私の経験談】

経理事務に「英語力」は必要か?Google翻訳を活用すればOK!【私の経験談】

グローバル化が進む中で、経理事務員に「英語力」を求める企業は増えています。

正直なところ、英語だけでは不足かもしれません。

  • 英語
  • 中国語
  • フランス語

経理事務と複数の語学力、両方のスキルが求められています。

欠かせないスキルの1つと分かっていても

語学力は、簡単に身につくスキルではありません。

では・・・

英語が苦手だけど、経理事務をしたい場合

どうすれば良いのでしょうか?!

 

本記事を読んでほしい人

  • 経理の仕事に興味がある
  • 英語に苦手意識がある
  • 経理事務に英語力は必要かを知りたい

 

経理事務に「英語力」は必要なスキルでは?

このように思って、不安を感じる人も多いでしょう。

答えは簡単です。

「Google翻訳」を活用すればOK!

英語力の低い私でも、海外子会社のある企業で15年経理事務に携わることが出来ました。

本記事では、私の経験談を中心に経理事務と英語力について解説します。

ぜひ、参考にしてください。

 

記事を書いた人

大手製造メーカーにて、経理事務を15年経験。

現在はフリーランスとして活動中!

 

業界最安値の【オンスク.JP】

定額で受講し放題のプランは、圧倒的におすすめです。

ランチ1回分の料金で、いくつでも受講し放題!

主な魅力は、以下の通りです。

  • スマホやPCなどオンライン学習を中心に学べる
  • 資格の学校TACのノウハウが凝縮された講義
  • 簿記・FP・英語など複数の講義を組み合わせできる

まずは、無料プランからお試しください。

▼ ランチ1回分で月額コース ▼


※無料体験中は、料金0円です。


 

経理事務に「英語力」は必要か?どんな企業なら必要?

経理事務に「英語力」は必要か?どんな企業なら必要?

同じ経理事務の仕事であっても

企業規模・業種・経理社員の人数などにより

仕事内容はさまざまです。

英語力が必要な企業と必要でない企業があります。

その中でも、確実に英語力を必要とする企業があります。

「外資系企業」

経理事務・一般事務に関わらず、英語力を必要とされるでしょう。

他にも・・・

  • 大企業
  • 海外子会社のある企業
  • 輸出入のある企業

海外取引を積極的におこなう、いわゆるグローバル企業です。

グローバル化が進む現在

今は海外取引がなくても、これから始めたいと考える企業も多いでしょう。

企業規模に関わらず、多くの企業が海外取引の必要性を感じています。

英語力の高い人材は、経理事務に関わらず貴重な人材であることは間違いありません。

 

\ 経理事務に転職したいならココ! /


【MS-Japan】1分で無料登録

 

経理事務で「英語力」が必要となる場面は?

経理事務で「英語力」が必要となる場面は?

私が勤めていた企業は、中小企業・製造業・海外子会社ありという分類に入ります。

主な取引国は、アメリカ・フランス・中国・タイでした。

「私の経験談」から英語力が必要となる場面を紹介します。

  • 財務諸表、契約書、請求書などの書類関係のチェックや指導
  • 海外送金、海外からの入金確認
  • 担当者と電話やメールでのやり取り

上記を具体的に説明すると

月次試算表など、担当者に資料の提出をお願いします。

内容のチェックや修正を依頼するなど、会計処理の指導をします。

 

アメリカ・フランスでは、日本から出荷した商品の販売を

中国・タイでは、日本向けに製品の製造をしていました。

その中で、契約書や請求書のやり取りが発生します。

請求書が届けば、ドル・ユーロ・元・バーツでの海外送金が待っています。

もちろん、現地からの入金もあります。

 

当時をふり返ると、これらの仕事を通して

現地の担当者と多くのやり取りがあったと思います。

主な連絡手段は、電話・ビデオ通話・メール・チャットなどです。

参考までに・・・

私のいた経理部では、誰一人として英語を話せる人はいません。

そんな職場環境で

「英語力の低い私が15年も経理を続けてこれた理由」

答えは、Google翻訳の活用にあります。

 

結論:Google翻訳を活用すればOK!【私の経験談】

結論:Google翻訳を活用すればOK!【私の経験談】

「Google翻訳」を知っていますか?

Googleが無料で提供する翻訳サイトのサービスです。

対応機種は、パソコン・スマホのどちらでもOK!

 

▼ パソコン版「Google翻訳」 ▼

>>Google翻訳サイトへ

 

▼ スマホアプリ「Google翻訳」 ▼

Google 翻訳

Google 翻訳
無料
posted withアプリーチ

 

主な特徴は、以下の通りです。

◆ Google翻訳の主な特徴 ◆

  • 無料で利用できる翻訳サイト
  • 対応言語は100以上あり
  • 文書、音声の翻訳ができる
  • 会話機能で通訳がわりになる
  • オフラインで使える

対応言語の多さには驚くばかりです。

当時の私は、英語・フランス語・中国語・タイ語でお世話になりました。

時々、変な日本語訳になることもありますが・・・

経理事務を理解していれば、ある程度は許容範囲で乗り切れます。

翻訳の精度は、日々良くなっていると思います。

 

Google翻訳の主な特徴と【私の経験談】

例えば、翻訳したい言語を選択して・・・

  • テキストまたは手書きで入力する
  • 読めない文字の場合は、カメラをかざすだけ
  • 撮影済みの写真をスキャンしてもOK!
  • マイクのアイコンを使えば、音声入力も可能
  • アプリの「会話」をタップすれば、通訳がわりになる

これだけの機能を搭載した「Google翻訳」

ネット環境のない場所でも・・・

機能は一部制限されますが、オフラインでの利用も可能です。

うまく活用できれば、英語力が低くても経理事務は出来ると思います。

英語に苦手意識がある人は、ぜひ活用してください。

 

まとめ:経理事務と英語力

経理事務に「英語力」は必要か?

私の経験談を中心に書いてきました。

正直なところ・・・

英語力が低くても、工夫次第で何とでもなると思います。

ただし!

これから就職や転職を考える場合

英語力を身につける機会があるなら

積極的にチャレンジした方が良いでしょう!

英語力の高い人材ほど、年収アップや条件の良い企業への転職にも恵まれます。

「経理事務と英語力」

ますます、切り離せない関係になっていくでしょう!

英語学習は大切ですが・・・

簿記の知識や実務経験を豊かにする事も忘れないでください。

「Google翻訳」など、便利で役立つ機能をどんどん活用しましょう!

そうする事で、経理事務のレベルアップ・業務効率化につながります。

 

業界最安値の【オンスク.JP】

定額で受講し放題のプランは、圧倒的におすすめです。

ランチ1回分の料金で、いくつでも受講し放題!

主な魅力は、以下の通りです。

  • スマホやPCなどオンライン学習を中心に学べる
  • 資格の学校TACのノウハウが凝縮された講義
  • 簿記・FP・英語など複数の講義を組み合わせできる

まずは、無料プランからお試しください。

▼ ランチ1回分で月額コース ▼


※無料体験中は、料金0円です。


 

資格の学校【クレアール】では、パンフレット・サンプルを「無料」で取り寄せることができます。

クレアールで資料請求する



 

\ 経理事務に転職したいならココ! /


【MS-Japan】1分で無料登録

 

市場価値(期待できる年収)を知りたいのであれば、転職アプリ【ミイダス】の診断をオススメします。(無料・会員登録必要)

職務経歴や自分のスキルなど簡単な質問にいくつか答えるだけで、市場価値を査定してもらえます。約5分の短い時間で診断から分析結果が出ます。企業がオファーする年収や選考条件に合致する企業数などが分かり、市場価値を知ることができます。

▼ 転職アプリ【ミイダス】の診断はこちらから ▼



 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-仕事