ガジェット

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式

 

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選は私が購入に「悩んだ製品3選」でもある

キャプチャーボード!!

何に悩む必要があるのじゃ

心で感じるのじゃ・・・

(。-`ω-) ムム~~!

 

ゲーム実況で必要な機材のひとつ

キャプチャーボード」(・ω・)ノ

現在では、かなりの数が存在します!

その中でも AVerMedia の製品は有名です。

実際に私も「GC553」を使っています。

 

▼ PS5の録画で大活躍! ▼

GC553【AVerMedia】キャプチャーボードでPS5のゲーム映像を録画!
GC553【AVerMedia】キャプチャーボードでPS5のゲーム映像を録画!

続きを見る

 

この記事では (-ω-)/

AVerMedia (アバーメディア)

おすすめキャプチャーボード3選!

こちらを紹介させて頂きます。

紹介する製品すべてにおいて・・・

ソフトウェアエンコード方式

こちらが採用されています。

多少のPCスペックは必要となりますが!

性能は「折り紙付き」です (・ω・)ノ

ようするに、確かな品質だと言うことです。

私が購入に「悩んだ製品3選」となります。

是非、参考にしてください。

 

大事なポイント・・・

AVerMedia の製品を購入したとします!

PCの「スペック不足」で動作しない (/ω\)

これだけは「避ける必要」があります。

大丈夫!確認する事ができます。

AVerMedia の「診断ツール」でOK!

確認方法は、めっちゃ簡単です。

私が実際に使った流れを紹介しています。

 

▼ こちらも参考にしてください ▼

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボードを購入して「使えません!」これを避ける為の「診断ツール」
AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボードを購入して「使えません!」これを避ける為の「診断ツール」

続きを見る

 

そもそも「AVerMedia」ってどんなメーカー?

私も気になったので調べてみました。

日本社名:アバーメディア・テクノロジーズ株式会社

英文社名:AVerMedia Technologies Inc.

1990年に台湾で設立され・・・

ビデオキャプチャーやオーディオ製品の設計・製造を行う企業です。

 

多くのYouTuberが利用している

AVerMediaの「キャプチャーボード」

人気の高さは間違いありません。

そのおかげで情報となる記事も豊富です。

利用者が多い製品は、購入する時の安心材料となります!

 

AVerMedia:ソフトウェアエンコード方式?

キャプチャーボードのエンコード方式!

  • ソフトウェアエンコード方式
  • ハードウェアエンコード方式

このように、2種類の方式があります。

 

紹介する【3つのキャプチャーボード

どれも「ソフトウェアエンコード方式

簡単に説明すると (・ω・)ノ

エンコード処理を「PC側」で行う

そのため・・・

  • PCの負荷が高い

おのずとPCのスペックが必要となります。

ですが・・・

  • 映像の遅延が小さい

これは大きなメリットになります。

 

ついでに「ハードウェアエンコード方式

簡単に説明すると (・ω・)ノ

エンコード処理を「キャプチャーボード側」で行う

そのため・・・

  • PCの負荷が低い

PCのスペックをあまり気にする必要もありません。

ですが・・・

  • 映像の遅延が大きい

これは、大きな問題にもなりかねます!

 

とは言え・・・(。-`ω-) ムムッ

  • ソフトウェアエンコード方式
  • ハードウェアエンコード方式

どちらであっても多少の映像遅延があります。

ですが、解決策はちゃんとあります。

パススルー出力機能」(/・ω・)/

 

AVerMedia:パススルー出力機能?

なにやら訳の分からん言葉ですが (/ω\)

大事な機能なんです!

パススルー出力機能

 

簡単に説明すると・・・

遅延のない映像を「別の」テレビやモニターに出力させることができる!

ようするに (-ω-)/

問題なく普通にゲームができる訳です。

 

▼ イラストで説明します ▼

【 AVerMedia 】キャプチャーボード:ソフトウェアエンコード方式のパススルー未接続の例

こちらはパススルー未接続の例です。

「ソフトウェアエンコード方式」のGC553

録画をしている画面でゲームをする場合。

遅延が小さいとは言えゼロではありません。

ゲームによっては、分からないレベルではありますが!

やはり「遅延ゼロ」とはなりません。

 

【 AVerMedia 】キャプチャーボード:ソフトウェアエンコード方式のパススルー接続の例

こちらはパススルー接続の例です。

「ソフトウェアエンコード方式」のGC553

TV・モニターを用意しましょう。

HDMIケーブルを接続するだけでOK!

これで遅延を気にする必要はありません。

 

▼ 私の場合ですが・・・▼

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選は「パススルー出力機能」に対応

55型・4K・60fps・HDR対応TVに接続。

大きい画面で、遅延のないゲーム環境!

そして、録画もしっかりできる (。-`ω-)

紹介する【3つのキャプチャーボード

パススルー出力機能

これには、すべて対応しています。

 

あと参考になるか分かりませんが・・・

パススルー接続をしている場合

録画はしないけどゲームをするとき

PCの電源はONにする必要があると思っていました (/ω\)

実際は、そうではありません。

  • PCはシャットダウン状態
  • TVの電源 ON
  • ゲーム機の電源 ON

これで、普通にゲームができます (≧◇≦)

 

あと・・・もうひとつ!

パススルー用で使うHDMIケーブル。

長さ「4.5m」のモノを使っていますが特に問題はありません。

是非、参考にしてください。

 

▼ 我が家で大活躍のHDMIケーブル ▼

 

AVerMedia:おすすめキャプチャーボード3選!

私が購入に悩んだおすすめ3選を紹介したいと思います。

  • ソフトウェアエンコード方式
  • パススルー機能に対応

上記2つは、紹介するキャプチャーボードに共通しています。

 

では・・・1つ目はこちら (・ω・)ノ

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式「GC553」

私が実際に購入した「GC553

▼ 購入レビューは、こちら ▼

GC553【AVerMedia】キャプチャーボードでPS5のゲーム映像を録画!
GC553【AVerMedia】キャプチャーボードでPS5のゲーム映像を録画!

続きを見る

 

LIVE GAMER ULTRA「GC553」

パススルー最大解像度3840×2160 / 60fps(HDR対応)
1920×1080 / 240fps
最大録画解像度3840×2160 / 30fps(HDR非対応)
1920×1080 / 60fps(HDR対応)
1920×1080 / 120fps
対応OSWindows・MacOS
接続インターフェースUSB 3.1 Gen1端子(Type-C)
サイズ112.6×66.2×26(mm)
重量約116g

外付けタイプの「キャプチャーボード

4K・30fpsやフルHD・120fpsでの録画!

なにより4K・60fps・HDRでのパススルー対応は最高です。

正直なところ・・・

1920×1080・60fps」での録画

3840×2160・60fps」のパススルー

これが「現在の撮影状況」となっています。

この内容で言えば・・・

最後に紹介する製品で問題はありません!

ただし、コンパクトさが重要なのと

4K・30fpsの録画も魅力でした。

あとデザインも好みだった (≧◇≦)

なので「GC553」を選びました。

 

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード!ソフトウェアエンコード方式「GC553」を設置している場所

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード!ソフトウェアエンコード方式「GC553」はコンパクト

GC553」を設置している場所です。

見た通りの狭いスペース (´・ω・)

コンパクトなのが欲しかった理由です。

画像でサイズ感が伝わっているかなぁ~

ほんとに小さいから (-ω-)/

 

外付けタイプの利点として・・・

持ち運びに便利なだけでなく!

簡単接続で誰でも使いやすいのがポイントです。

 

 

では・・・2つ目はこちら (・ω・)ノ

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式「GC573」

デスクトップなら「GC573」は最高です!

 

LIVE GAMER 4K「GC573」

パススルー最大解像度3840×2160 / 60fps(HDR対応)
1920×1080 / 240fps
最大録画解像度3840×2160 / 60fps(HDR対応)
1920×1080 / 240fps
接続インターフェースPCI Express ×4 Gen2
対応OSWindows
サイズ125×151×21.5(mm)
重量約208g

内蔵型の「キャプチャーボード

4K・60fpsやフルHD・240fpsでの録画!

4K・60fps録画対応が素晴らしい (≧◇≦)

4Kで録画を考えるなら欲しい1台。

デスクまわりもごちゃつきません!

デスクトップの人にはオススメです。

 

まぁ~私もデスクトップなんですが!

何故「GC573」を選ばなかったのか

  • PCへの取り付けに抵抗があった
  • 妻の部屋で使う事ができない

この2点が理由となります (/ω\)

 

取り付けのハードルに問題がなければ!

GC573」は、かなりオススメです。

取り付け場所の確認はしておこう (-ω-)/

 

 

最後の3つ目はこちら (・ω・)ノ

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式「GC550 PLUS」

ベストセラーの「GC550 PLUS

 

LIVE GAMER EXTREME 2「GC550 PLUS」

パススルー最大解像度3840×2160 / 60fps(HDR非対応)
最大録画解像度1920×1080 / 60fps
接続インターフェースUSB 3.1 Gen1端子(Type-C)
対応OSWindows
サイズ145.3×97.2×29(mm)
重量約182g

外付けタイプの「キャプチャーボード

以前から、このデザインは知っていました。

人気だから自然と目にしていたのでしょう。

購入を考える時には、やはり候補にあがりました。

GC550 PLUS

他の2台と大きく違うのが・・・

4K録画に対応していません (/ω\)

パススルー機能は4Kに対応しています。

ただし「HDR」には非対応!

 

要点を言えば (・ω・)ノ

  • フルHD・60fps録画で十分
  • 4Kでテレビに映せたらHDR非対応でもOK

上記内容に問題なければ・・・

GC550 PLUS」は価格も安く、かなりオススメです。

 

AVerMedia:まとめ!

AVerMedia のキャプチャーボード!

紹介した3つは、おさえておきましょう。

ポイントは以下の通りです。

 

GC553

  • 外付け型のキャプチャーボード
  • 録画:4K・30fps・HDR非対応
  • パススルー:4K・60fps・HDR対応

GC573

  • 内蔵型のキャプチャーボード
  • 録画:4K・60fps・HDR対応
  • パススルー:4K・60fps・HDR対応

GC550 PLUS

  • 外付け型のキャプチャーボード
  • 録画:フルHD・60fps
  • パススルー:4K・60fps・HDR非対応

 

フルHDだけで問題ないのであれば!

GC550 PLUS」(・ω・)ノ

4Kで録画をするなら・・・

GC553」と「GC573

使う環境で選択するといいと思います。

 

最初にも言いましたが (-ω-)/

多少のPCスペックが必要となります。

購入後に使えないでは悲しすぎます!

AVerMedia の「診断ツール」を使うことをオススメします。

私が実際に使用した流れを記事にしています。

簡単なので利用しましょう。

 

▼ 参考にしてください ▼

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボードを購入して「使えません!」これを避ける為の「診断ツール」
AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボードを購入して「使えません!」これを避ける為の「診断ツール」

続きを見る

 

▼ 簡単接続でGOOD ▼

 

▼ 4K・60fps録画に対応 ▼

 

▼ フルHDなら、これだ! ▼

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット