ガジェット

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボードを購入して「使えません!」これを避ける為の「診断ツール」

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボードを購入して「使えません!」これを避ける為の「診断ツール」

 

AVerMediaキャプチャーボードの購入前に診断ツールで確認しよう!

あまい・・あますぎる!

「診断ツール」に頼るとは

ワシのように肌で感じるのじゃ!

(。-`ω-) ムムムッ~~

 

私が購入したキャプチャーボード

AVerMedia「GC553

おかげさまで (-ω-)/

問題なくPS5の映像を録画できています。

 

▼ 購入レビューは、こちら ▼

GC553【AVerMedia】キャプチャーボードでPS5のゲーム映像を録画!
GC553【AVerMedia】キャプチャーボードでPS5のゲーム映像を録画!

続きを見る

 

▼ 購入時に悩んだ3選を紹介 ▼

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式
【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式

続きを見る

 

価格もそれなりだけど (・ω・)ノ

  • 4K・60fps・HDRパススルー
  • 1920×1080・240fpsパススルー
  • 4K・30fps録画に対応
  • 1080p・120fps録画に対応

これだけの性能なら価格も納得です!

 

▼ 現在の価格はこちら ▼

 

ただし気をつけるポイントがあります!

すべてのパソコンで使うことができません。

ようするに (・ω・)ノ

動作システム要件を満たしていないパソコン」ではダメなのです。

高性能なキャプチャーボードですから・・・

PCスペックも、ある程度は必要となります。

 

AVerMediaの「キャプチャーボード

私のパソコンでも使える製品があるのか?

私も使ってみたいけど確認方法が知りたい!

大丈夫です (/・ω・)/

 

AVerMediaの「診断ツール

AVerMedia Diagnosis Tool

この診断ツールを使えば・・・

ご使用のパソコン(CPU・グラフィックボード・メインメモリ・USB3.1 / 3.0 の相性・互換性・OSなど)を計測してくれます。

診断により製品を快適に使用できるかを確認できます。

2022年2月9日現在で確認できるキャプチャーボード

  • GC573
  • C988
  • GC555
  • GC553
  • GC550 PLUS
  • C878 PLUS
  • GC311
  • BU110

上記の製品の中に興味があるのなら・・・

是非一度、診断をしてみてください!

購入して使えませんでした。

それでは悲しすぎます (/ω\)

 

実際に私が診断した流れを紹介します。

是非、参考にしてください。

では、どうぞ (-ω-)/

 

AVerMedia:診断ツールのダウンロードとインストール方法!

ダウンロード方法はとても簡単です。

費用はモチロン必要ありません (≧◇≦)

まずはAVerMediaのサイトに入ります。

AVerMedia のサイトはこちら

 

AVerMediaキャプチャーボード:診断ツールのダウンロードとインストール方法!

サイトに入るとこんな感じです!

では、さっそくですが・・・

ダウンロード」をクリックします。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!ダウンロードの管理画面で「診断ツール」をクリック

ダウンロードの管理画面となります。

少し右に移動させると・・・

診断ツール」がでてきます。

診断ツール」をクリックしてください。

私がダウンロードしたバージョン

AVerMedia Diagnosis Tool-2.0.1.12

対応OS:Windows 11 / 10(64ビット版)

問題がなければ「ダウンロード」をクリックしてください。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「AVerMedia_ Diagnosis_ Tool_v2.0.1.12」のファイル

ダウンロードされたファイルを確認すると!

ZIP形式のファイルが保存されています。

AVerMedia_ Diagnosis_ Tool_v2.0.1.12

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前にインストール

ここからはインストールの流れです。

ファイルの上で右クリックをします。

すべて展開」を選択してください。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!ファイルの展開先を確認

ファイルの展開先を確認します。

展開」をクリックしてください。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!ファイルフォルダーがひとつ増える

ファイルフォルダーがひとつ増えました。

こちらをダブルクリック!

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「v2.0.1.12_・・・」のファイルをダブルクリック

続いて「v2.0.1.12_・・・

このファイルをダブルクリックします。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「AVerMedia Diagnosis Tool_・・・」のファイルをダブルクリック

AVerMedia Diagnosis Tool_・・・

このファイルをダブルクリックします。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「DeviceDiagnosisTool」のファイルをダブルクリック

DeviceDiagnosisTool

このファイルをダブルクリックで完了!

・・・(。-`ω-) ムムムッ!

何かがおかしい?

何も起動しないのです。

私の場合「起動しないトラブル」が (/ω\)

でも、大丈夫です!

▼ 解決方法がありました。▼

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「SettingConfig」をダブルクリック

この解決方法は、とても簡単です!

同じ画面にある、下から二つ目の・・・

SettingConfig」をダブルクリック

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「メモ帳」が表示される

すると「メモ帳」が表示されます。

見て欲しいのは2行目 (・ω・)ノ

「bTestService=false

false を、違う文字に書き換えます。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「bTestService=true」に書き換える

falsetrue に書き換えます。

「bTestService=true

入力後に「Ctrl」ボタンを押しながら「S」で上書き保存します。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「DeviceDiagnosisTool」のファイルをダブルクリック

書き換えが終わったら・・・

もう一度トライしてみましょう。

DeviceDiagnosisTool

先ほどは駄目でしたが、ダブルクリック!

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「AVerMedia Diagnosis Tool」の起動

おぉ~~(ToT)/~~~

これでインストールも完了!

AVerMedia Diagnosis Tool

こちらも、無事に起動しています。

 

私の場合・・・(/ω\)

起動しない不具合を経験しました。

この解決方法も参考にしてください。

 

AVerMedia:診断ツールの使い方!

さぁ~これで問題なく使うことができます。

使い方は、ほんとに簡単です (/・ω・)/

AVerMedia「診断ツール」の使い方!「AVerMedia Diagnosis Tool」の起動

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断:すべてのチェックマークを外す

すべてのチェックマークを外します。

動作診断したい製品にチェックを入れてください。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断:動作診断したい製品にチェックを入れる

今回は、私が購入した「GC553」で試してみます。

 

実際に使えている訳なので・・・

診断結果に問題ある訳がありません!

とっ・・その前に (-ω-)/

言語」を英語から日本語に変えましょう。

歯車」マークをクリックしてください。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断:「English(United States)」をクリック

English(United States)

こちらをクリックします。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断:「日本語」を選択

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断:「OK」をクリック

すると「日本語」を選択できます。

そして「OK」をクリックしましょう。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断:「GC553」で確認

日本語で表示されているはずです!

それでは「GC553」で確認しましょう。

START」をクリック (≧◇≦)

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断:「ご注意」と表示される

「ご注意」と表示されます!

他で開いているものは閉じておくといいでしょう。

そして「OK」をクリックします。

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断結果を確認する

こんな感じで「診断結果」がでました。

全てにおいて問題は検出されませんでした。

 

診断内容は以下の通りです (・ω・)ノ

  • CPU
  • GPU
  • RAMの転送速度
  • RAMの容量
  • USB 3.1 / 3.0 相性・互換性
  • OS

全6項目」の診断内容となっています!

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断:「GC573」も診断

せっかくなので (≧◇≦)

興味のある「GC573」も診断してみます。

内蔵型で、取り付けに抵抗があったので見送る形となりました。

ただし性能は「一級品」です!

  • 4K・60fps・HDRパススルー
  • 1920×1080・240fpsパススルー
  • 4K・60fps・HDR録画に対応
  • 1080p・240fps録画に対応

 

AVerMedia「診断ツール」の使い方!キャプチャーボード購入前に診断結果から問題を検出できる

こちらも問題がなさそうです (-ω-)/

GC553」を妻に奪われることがあれば!

GC573」を検討してみようかな・・・

 

AVerMedia:まとめ

PS5などの据え置き型のゲーム機の場合!

どうしても必要となりますよね・・・

キャプチャーボード」(・ω・)ノ

 

価格も特に安い訳でもありません。

自分のパソコンで使えるキャプチャーボードなのか?

購入して使えないは絶対に避けたい。

調べるにしても不安で心配です!

こんな時の「診断ツール

確認作業に、難しい所はありません。

是非、AVerMedia のキャプチャーボードが使えるかのチェックをしてみてください。

私のようにAVerMedia のキャプチャーボードを使ってゲーム実況をはじめてみませんか!

この記事が、あなたのお役にたてば幸いです!

 

▼ 私の相棒「GC553」 ▼

GC553【AVerMedia】キャプチャーボードでPS5のゲーム映像を録画!
GC553【AVerMedia】キャプチャーボードでPS5のゲーム映像を録画!

続きを見る

 

▼ 内蔵型なら「GC573」 ▼

 

▼ ベストセラーの「GC550 PLUS」▼

 

▼ 購入時に悩んだ3選を紹介 ▼

【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式
【 AVerMedia 】おすすめキャプチャーボード3選!ソフトウェアエンコード方式

続きを見る

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット