マイク関係

「レビュー」fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)USB/XLR 対応のコスパに優れた高音質ダイナミックマイク!

PR

「レビュー」fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)USB/XLR 対応のコスパに優れた高音質ダイナミックマイク!

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)をレビューします!

また荷物が届いたじゃと

(。-`ω-) ムムムッ!!

FIFINE 例のブツじゃな・・・

 

私はゲーム実況をしています (*´ω`*)

meoTube をよろしくお願いします!

ところで・・・

実況者の私にとって大事なモノと言えば。

やはり「マイク」なんです!

 

(。-`ω-) マイクなんですよ!

 

2024年2月現在愛用しているマイクはこちら

FIFINE ダイナミックマイク K688

FIFINE(ファイファイン)のダイナミックマイク「K688」もしかして○○マイク?!
FIFINE(ファイファイン)のダイナミックマイク「K688」をレビュー!もしかして○○マイク?!

続きを見る

  • 音質はもちろん
  • 特にデザインが最高!
  • さらに USB/XLR に対応
  • 価格も破格で素晴らしい

すでに半年以上も実況で使っています!

まさにお気に入りのマイク K688

音質は私の▼ ゲーム実況動画 ▼をどうぞ

 

ちなみに新色ホワイトカラーもあるよ。

まさにお気に入りのマイク K688:新色ホワイトカラーもある

私にとって良き相棒です (≧▽≦)

 

違うのじゃ・・・

今回は「K688」の話ではない!

(。-`ω-) ムムムッ

fifine ダイナミックマイク

AM8W」 ホワイト

こちらの紹介なのじゃ (/・ω・)/

 

それでは簡単な自己紹介をどうぞ!

fifine AM8 の特徴!

  • カラーは素敵な3色展開!
  • ホワイト・ブラック・ピンク
  • ダイナミックマイク
  • USB/XLR に対応!
  • タッチ式のミュート機能
  • マイクゲイン用のつまみ有り
  • ヘッドフォン音量用のつまみ有り
  • RGBライトでピカピカ
  • マイクスタンドが標準装備
  • マイク角度は360°の範囲で調節可能
  • もちろんマイクアーム固定もOK
  • マイクの価格は・・・マジでヤバい!

まぁ~こんな感じのマイクじゃな (*´ω`*)

人によってデスクの雰囲気は違うから・・・

3色のカラー展開は、ありがたい!

fifine AmpliGame AM8は3色のカラー展開

第一印象「あなた」の好みはどれですか?

それでは・・・

fifine「AM8W レビュー」はじまるよ

では、どうぞ (・ω・)ノ

 

FIFINE AM8W:開封と外観!

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!化粧箱を見ると色が「ブラック」

ワクワクの瞬間なのだが (。-`ω-)

化粧箱を見ると色が「ブラック

ワクワクがハラハラドキドキ・・・

開けてビックリのパターンなのか?

マイク本体が「」であることを願う。

それでは、オ~~~~~~プン!

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクのマイクスタンド

どどーーーんと取説が (/・ω・)/

さらにマイクスタンドもチラッ!

ふぅ~~~

白い部分が見えたので安心です。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!真っ白な本体が登場

さぁ~ご覧ください (*´ω`*)

この通り真っ白な本体が登場です。

本体形状ピッタリの梱包材が配送時の損傷リスクを減らしてくれそうだ。

付属のケーブルも見えますな!

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクの同梱物

すべての同梱物はコレだ。

  • AM8W マイク本体
  • マイクスタンド
  • USBケーブル
  • 取扱説明書

中身はとてもシンプルな感じ (・ω・)ノ

そして・・・

主な仕様は次の通り!(取説に記載)

型番号AM8
マイクコアダイナミック
感度-58±3dB
収音パターンカーディオイド型
接続端子USBとXLR
周波数範囲50Hz-16KHz
S/N R>80dB
最大SPL120dB
動作電圧5±0.25V

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクの取扱説明書は「日本語表記」

まずは取扱説明書!

見ての通り「日本語表記」で安心です。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクのUSBケーブル

こちらはUSBケーブルです!

USB Type-A to USB Type-C

長さは実測で「2070mm」ありました。

ようするに2m以上は、間違いありません。

USB接続で使うのであれば・・・

  • Type-A をPCへ
  • Type-C はマイク本体に接続

これで使うことが可能です (*´ω`*)

※PC以外でPS4/PS5でも接続OKです!

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクのスタンドには、ネジがある

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクの背面は、ゴム素材

スタンドには、ネジがあります!

マイク本体と固定ができます (*´ω`*)

背面は、ゴム素材だから安定しそうだ。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!マイクスタンドの取り付けは簡単

マイクスタンドの取り付けは簡単です。

くるくるするだけでOK (/・ω・)/

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクはオシャレでいい感じ

どうでしょうか?!(≧▽≦)

K688 のデザインが好きな私ですが・・・

AM8W こちらもオシャレでいい感じです。

こうなると音質が気になるねぇ~~

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!マイクの位置は好みに調整が可能

これはまさか・・・(/ω\)

鉄棒競技の「大車輪」なのか?!

いえ違います (。-`ω-) ムムッ

回転させて遊ぶものではありません。

マイクの位置は好みに調整が可能です。

※ケーブル接続時の、大車輪はダメです。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!メジャー測定の寸法

おおまかな寸法ですが (/ω\)

  • a:165mm
  • b:66mm
  • c:50mm
  • d:155mm
  • e:105mm

参考にしてください。

あくまでメジャー測定なので (´・ω・)

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクの本体外観背面は、ゴム素材

あらためて本体外観を見ていきます。

  • タッチ式のRGBボタン
  • マイクのゲイン調整
  • ヘッドフォンの音量調整

※USB接続時のみ使えます。

※XLR接続時では使えません。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!タッチ式のミュートボタン

反対側を見ると・・・

  • タッチ式のミュートボタン

配信者には必須となる「ミュート機能

ただし・・・

こちらもUSB接続時のみ使えます。

XLR接続時では使えません (/ω\)

大事なポイントなので理解しておこう!

ようするに (。-`ω-)

マイク本体にある操作関係は・・・

USB接続時のみ使うことができます。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクは3つの接続端子がある

マイク本体底面をのぞくと・・・

  • XLR端子
  • 3.5mmジャック
  • USB Type-C 端子

合計で3つの接続端子があります。

※XLRケーブルは付属されません。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!「風防」は、取り外しが可能

ちなみに「風防」は、取り外しが可能!

AM8W 本当の姿をご覧くだされ (。-`ω-)

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクの重さ:スタンド込み

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクの重さ:スタンド無し

それでは、重さを測ってみましょう。

  • スタンド込み:595g
  • スタンド無し:411g

マイクアーム取り付け時の参考にどうぞ!

 

FIFINE AM8W:PCと接続!

それでは実際に接続してみましょう。

まずは、PCに接続して使ってみます。

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!PCと接続

付属のUSBケーブルを用意します。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク本体とPCをケーブルで接続

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!付属のUSBケーブルを接続

マイク本体とPCをケーブルで接続します。

USB Type-C をマイク本体に接続!

USB Type-A をPCに接続すればOK!

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク:マイク本体が光輝いています!

なんと言うことでしょう (/ω\)

マイク本体が光輝いています!

突然の出来事にあんぐりです (/・ω・)/

心の準備が必要な人は、深呼吸をしてから接続してください。

※XLR接続時では、光りません!

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!光の演出を変えることができる

AM8W」にはなんと (・ω・)ノ

光の演出を変えることができます。

※特別なソフトは必要ありません!

RGBボタンを押すだけの簡単操作。

ほんとに軽いタッチ感で反応します。

 

ボタンをタッチすれば次の通りです。

名称説明
ダイナミックRGBフロー虹のグラデーションのように光ります
RGBグラデーション呼吸効果7色がゆっくりとサイクルします。
スタティック単色モードボタンを押すごとに、紅→オレンジ→黄→緑→シアン→青→紫→白と切り替わります。

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクのボタンをタッチ

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!もし光らせたくない場合も大丈夫

是非、好みに設定してください (・ω・)ノ

もし光らせたくない場合も大丈夫です。

ボタンを3秒長押しで「オフ」にできます。

また3秒長押しすれば「オン」にできます。

 

■ 光るところが、ほかにもあった (/ω\)

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!ミュート機能も一目瞭然

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!視覚的に確認できる

マイクミュート機能も一目瞭然!

光る部分にタッチすれば「ON/OFF」が可能!

  • ミュート機能OFF:緑色に点灯
  • ミュート機能ON :赤色に点灯

視覚的に確認できるのがありがたい。

※ミュート機能も、USB接続時のみです。

※XLR接続時は、使うことができません。

 

FIFINE AM8W:PC側の設定!

USBケーブルをPCと接続してから・・・

PCの設定を確認してください (/・ω・)/

※Windows11の設定確認内容となります。

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク:PC側の設定

画面右下にあるタスクバーに注目!

スピーカーのマークを右クリック

続いて「サウンドの設定」をポチっと

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!サウンドの設定画面が開く

すると (・ω・)ノ

サウンドの設定画面が開きます。

入力」の中から・・・

マイク fifine Microphone

こちらを選んでください。

ボリューム調整も忘れずに (*´ω`*)

これでマイクとして使うことができます。

 

FIFINE AM8W:ヘッドフォンの接続!

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!ヘッドフォンの接続

マイク底面にある3.5mmジャック!

こちらにヘッドフォンを接続すれば・・・

「音声のモニタリング」が可能です。

※XLR接続時では、使えません!

接続したヘッドフォンはこれだ (/・ω・)/

FIFINE AmpliGame「H9」ゲーミングヘッドセットのレビュー!マイク音質が非常にヤバいレベルだけど価格も異常です!
FIFINE AmpliGame「H9」ゲーミングヘッドセットのレビュー!マイク音質が非常にヤバいレベルだけど価格も異常です!

続きを見る

 

続いてPC側の設定を行います。

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!サウンドの設定画面で「出力」を変更

先ほどと同じサウンドの設定画面です!

今回は「出力」を変更します。

マイク本体に接続したものを選びます。

スピーカー fifine Microphone

もちろんボリューム調整も忘れずに (*´ω`*)

調整関係は、好みでしてくださいね!

 

マイク本体にある・・・

  • マイクゲイン調整
  • ヘッドフォンの音量調整

こちらの調整も忘れないように (。-`ω-)

 

FIFINE AM8W:マイクアームに固定!

この流れでマイクの音質チェック!

ではなくて (/ω\)

マイクアームに接続してから音質をチェックします。

私の使用環境にして録音します。

取り付けるマイクアームはこれだ!

FIFINE マイクアーム BM88W

  • カラーは白と黒の2色展開
  • ケーブルを隠せるからスッキリ
  • モニター下の有効活用にピッタリ

モニターの邪魔になりにくい「BM88W

私のデスク環境では「最適解」 (*´ω`*)

ほんとに最高のマイクアームです。

これは、間違いありません!

 

fifine AmpliGame AM8W:マイクアームに固定!ネジ部を確認

マイク本体からスタンドを外します。

ネジ部を確認すると・・・

3/8・5/8インチに対応しています!

 

fifine AmpliGame AM8W:マイクアームに固定!マイク本体の落下に注意

あとは、マイクアームと合体です。

接続作業において (/・ω・)/

マイク本体の落下には注意しましょう。

 

fifine AmpliGame AM8W:マイクアームに固定!なかなかいい感じ

どうですかぁ~ (・ω・)ノ

なかなかいい感じですよね・・・

結構テンション上がってきました。

 

マイクアームに固定!fifine 「K688W」バージョン

せっかくなので「K688W」バージョン

あなた」はどちらが好みですか?!

 

fifine AmpliGame AM8W:マイクアームに固定!実際の音声は、のちほど紹介

それでは (・ω・)ノ

AM8W」にUSB接続を済ませ・・・

音声を録音しました!

実際の音声は、のちほど紹介します。

続いて、XLR接続の確認です (。-`ω-)

 

FIFINE AM8W:XLR接続!

fifine「AM8W」XLRに対応しています!

それでは、オーディオインターフェースに接続します。

接続する機器はこちら (/・ω・)/

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!XLR接続に対応

fifine 「SC3W

「レビュー」fifine AmpliGame SC3【コスパ最高のゲーミングオーディオインターフェース】
「レビュー」fifine AmpliGame SC3【コスパ最高のゲーミングオーディオインターフェース】

続きを見る

  • 4つのスライダー
  • カスタム効果音ボタン
  • ボイスチェンジャー
  • ミュートボタン
  • RGBライトでピカピカ

機能満載で価格も安くお得です!

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!XLRケーブルは、付属されません

それでは、ケーブルを接続します。

まずは、マイク本体に・・・

※XLRケーブルは、付属されません。

私が数年使っているケーブルはこちら!

参考にしてください (・ω・)ノ

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!SC3 本体に接続

続いて SC3W 本体に接続します。

あとは、PC側の設定をしましょう。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!サウンドの設定画面「入力」

サウンドの設定画面を開いて (。-`ω-)

入力」の中から・・・

マイク fifine SC3 】を選びます。

ボリューム調整も忘れずにしてください。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!「Dynamic」にあわせる

fifine「AM8W

コンデンサーマイクでは、ありません!

ダイナミックマイクです (。-`ω-)

Dynamic」にあわせます。

 

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイク!「MIC」のスライダーを好みに調整

あとは「MIC」のスライダーを好みに調整

さぁ~これで音声を録音します!

マイクの音質を確かめてみましょう。

 

FIFINE AM8W:音質の確認!

機能含めてデザインもGOOD (≧▽≦)

カラーも豊富だから選ぶ楽しさもある!

私はピンクカラーも素敵だと思います。

まぁ~機能と見た目は良しとしよう。

ただ・・・肝心な事と言えば!

やはり「音質」ですよね (。-`ω-)

 

それでは、確認をしてください。

AM8W」の音質を・・・

  • AM8W:USB接続時の音声
  • AM8W:XLR接続時の音声
  • K688W:XLR接続時の音声

最後のK688Wは、比較として参考にしてください。

 

■ AM8W:USB接続時の実際の音声!

▼ 再生ボタンで音が出ます ▼

 

■ AM8W:XLR接続時の実際の音声!

▼ 再生ボタンで音が出ます ▼

 

■ K688W:XLR接続時の実際の音声!

▼ 再生ボタンで音が出ます ▼

 

みなさんいかがでしたか? (/・ω・)/

すぐに分かるのがUSB接続時の音量!

XLR接続とは、全然違いました (/ω\)

さて音質に関して言えば・・・

  • AM8W:USB接続時の音声
  • AM8W:XLR接続時の音声
  • K688W:XLR接続時の音声

どれも納得の音質だと感じます。

そのなかで・・・

XLR接続の、AM8WとK688Wの違い!

みなさんどうでしたか?

私は、K688Wがシャープに聴こえます。

AM8Wは、少しこもったような感じ?

ただ、悪いわけじゃありません (*´ω`*)

こちらが好きな人もいると思います。

何回も聴き比べている中で・・・

どちらもありだなと結論!(*´ω`*)

良い悪いよりも好みの問題かな。

 

記事冒頭で伝えている通りですが!

私はゲーム実況をしています (≧▽≦)

2024年2月1日の夜・・・

SILENT HILL」の実況をしました。

こちらの配信で実際に使用したマイク

fifineの「AM8W」(/・ω・)/

調整は特にせず・・・

マイクを付け替えた状態で使いました。

K688からAM8のマイクへ

配信なのでリアル感があると思います。

是非、参考にしてください!

 

ちなみに配信時の視聴者さんに質問をしました。

普段のマイクとの違いありますか?

K688」との違いって意味ですね。

答え:特にあまり感じません!

 

そして妻にも確認してみると・・・

マイクを交換した事を言われないと分からないレベル!

この内容からすると (・ω・)ノ

fifineの「AM8W

こちらも実況に使おうかな!

  • K688W
  • AM8W

その日の気分で使いわけて楽しみます!

 

FIFINE AM8W:デメリットとおまけ!

正直、この価格なら申し分なし!

そう言いたいのですが (/・ω・)/

あえて・・・あえて言うなら

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクのデメリット

ケーブルを接続すると回転できない!

まぁ~大きな問題ではないけどね (/ω\)

あとは・・・

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクのデメリット:マイクの固定位置が思い通りになりにくい

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミックマイクのデメリット:ケーブルの重さで簡単に動いてしまう!

マイクの固定位置が思い通りになりにくい

ネジで固定する仕組みでないため・・・

ケーブルの重さで簡単に動いてしまう!

ロックできる構造であれば、ありがたい。

ケーブルをダラ~んとしなければ問題はないと思います。

 

最後にUSB接続時の音量ですな (・ω・)ノ

私は、XLR接続なので問題ありませんが!

USB接続で使うのであれば不安要素です。

 

おまけ!

fifine AM8W なんですが (。-`ω-)

USB接続じゃないとボタン含めRGB機能などは使えません!

そう伝えてきましたが・・・

実は、XLR接続後にUSBを接続します。

ようするに2本のケーブルを接続 (。-`ω-)

すると「RGB機能」だけは使えます!

とは言え・・・

RGB以外は、やはり使えません (´・ω・)

まぁ~XLR接続時もピカピカしたい人は、やってみてください。

 

FIFINE AM8W:まとめ!

fifine AmpliGame AM8W(ホワイト)高音質ダイナミック:まとめ!

私のお気に入りのマイク「K688

実際にゲーム実況で使っています!

今回紹介した同じく「fifine」のマイク

AM8W」ダイナミックマイク (*´ω`*)

RGB機能に加え USB/XLR 端子にも対応!

なのに、価格が安すぎる (/・ω・)/

私は、ある意味不安だったのです。

音質が犠牲になるのではないかと・・・

ですが聴いて頂いた通りです (・ω・)ノ

音質は納得のレベルだと感じます。

確かに「K688」がクリアだと感じます。

AM8W」は、こもった感じ?!

そのような印象と私は感じています。

ただ、とらえかたによれば・・・

優しい印象」にも感じられます。

このあたりは「好み」ですよね (´・ω・)

 

結局のところ・・・

私は実際に使うのかどうか?!

先ほど伝えた通りですが・・・

その日の気分で使いわけて楽しみます。

ようは音質に関して問題がないと判断。

meoTube でガンガン使い込みます。

あらためて言いますが・・・

この価格帯のレベルじゃないよね (/ω\)

fifine ほんとに期待でしかない!!

 

最後まで読んで頂きありがとうです。

是非、参考にしてください (≧▽≦)

 

▼ 「ホワイト」AM8W ▼

 

▼ 「ピンク」AM8P ▼

 

▼ 「ブラック」AM8 ▼

 

▼ K688W「ホワイト」 ▼

 

▼ K688「ブラック」 ▼

 

▼ BM88W「ホワイト」 ▼

 

▼ BM88「ブラック」 ▼

 

▼ SC3W「ホワイト」 ▼

 

▼ SC3「ブラック」 ▼

 

▼ XLRケーブル ▼

 

▼ ヘッドフォン ▼

 

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-マイク関係