ライフスタイル

PayPay請求書払いは「自宅」にいながらコンビニ振り込みできる支払いサービス!

PayPay請求書払いは「自宅」にいながらコンビニ振り込みできる支払いサービス!

 

PayPayがあれば、自宅でコンビニ振り込みできるよ!

振込用紙を持って

コンビニに支払いへ行く・・・

PayPayがあれば自宅でできるよ!

 

「PayPay」というスマホのアプリを利用していますか?

最近CMでよく見かけるので、利用したことがない人も何となく知っているのではないでしょうか?

PayPayはアプリをスマホにダウンロードして使います。

QRコード・バーコードのどちらかをスマホに表示させることで支払いができるスマホアプリです。

登録ユーザー数は、4,000万人を突破するスマホアプリ!

そんなPayPayには、あまり知られていないけど「超」がつくほど便利な支払いサービスがあります。

 

◆ PayPay請求書払い ◆

自宅から一歩も出ることなく、コンビニ振り込みの支払いができる!

しかも、PayPayボーナスポイントがもらえる (^^♪

 

かんたん便利なので、是非みなさんに知ってほしい!

一度使うと便利すぎて「やみつき」になります。

「PayPay請求書払い」のメリット・デメリットとあわせて、使い方を紹介します。

それでは、どうぞ。

 

PayPay請求書払いとは?

PayPay請求書払いとは?「自宅」にいながらコンビニ振込ができる支払いサービス!

まず、PayPayについて簡単に説明します。

PayPayは支払いをするためだけのアプリではありません。

  • PayPay請求書払い
  • 家族や友人にPayPay残高を送金
  • タクシーの配車
  • デリバリーの注文
  • ネットで買い物
  • クーポンの取得

支払い以外のあらゆる場面で利用できます。

普段の生活に欠かせないアプリとなっている人は多いでしょう。

PayPayは私にとっても、まさに神アプリ!

現金・クレジットカードより使うことが多く、毎日の生活の中で大活躍しています。

利用した事がない人は、是非この機会にダウンロードしてみてください。

 

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
無料
posted withアプリーチ

 

PayPayの説明は、これくらいにしておいて・・・

PayPayの便利機能の1つである「PayPay請求書払い」について紹介します。

PayPay請求書払いとは?

PayPayアプリで振込用紙のバーコードを読み取ると、PayPay残高から支払いができます。

コンビニや銀行などに行かなくても「自宅」にいながらコンビニ振り込みできる支払いサービスです。

 

「振込用紙を持ってコンビニに支払いへ行く」

PayPayがあれば、もうそんな必要はありません!

まさに神アプリPayPay!

PayPay請求書払いを利用できる振込用紙は、以下の通りです。

  • 電気・ガス・水道などの公共料金
  • 自動車税・住民税・国民健康保険料・固定資産税など各種税金
  • 通販の代金
  • ファンクラブなどの年会費

自動車税など年に1回しかないような支払いは、圧倒的にPayPay請求書払いがかんたん便利です。

支払いが毎月あるモノは口座振替やクレジットカード払いの手続きをとると、もっと手間がかからないと思います。

 

PayPay請求書払い:4つのメリット

PayPay請求書払い:4つのメリット

PayPay請求書払いを初めて利用した時は、あまりの便利さに衝撃をうけました。

「こんなに便利なのに手軽にできちゃう!」

新しいサービスは、何でも積極的に取り入れて使っていくようにしよう!と改めて思います。

そんなPayPay請求書払いのメリットは、以下の4つです。

◆ PayPay請求書払いのメリット ◆

  1. 自宅から一歩も出なくていい
  2. PayPayボーナスポイントがもらえる
  3. ムダな買い物を減らせるため、節約になる
  4. かんたん便利でラク

1つずつ見ていきましょう。

 

【1】自宅から一歩も出なくていい

コンビニや銀行などに、振込用紙を持ってわざわざ出かける必要がありません。

コロナ禍でできるだけ外出を控えたい今、本当に助かります。

また、自宅近くにコンビニがない人や忙しくて出かける時間がない人にとっても、ありがたいサービスです。

自分の気が向いた時に、自分のペースで支払いができるのは、PayPay請求書払いならではの魅力です。

 

【2】PayPayボーナスポイントがもらえる

PayPay残高で支払えば、0.5%のPayPayボーナスポイントが付与されます。

例えば・・・

  • 5,000円の支払い→25円分
  • 20,000円の支払い→100円分

上記のように、PayPayボーナスポイントがもらえます。

「たったのそれだけ?」と思うかもしれませんが!

コンビニや銀行などで現金払いしても、何の得にもなりません。

わざわざ自宅を出て、足を運んでいるのに・・・です!!

一方で、PayPay請求書払いは自宅から一歩も出ずに支払うだけでポイントがもらえる!

どう考えても、メリットしかありません。

 

【3】ムダな買い物を減らせるため「節約」になる

コンビニに支払いへ行った時、こんな経験はありませんか?

支払うだけの用事なのに、気がつけば・・・

スイーツやカフェオレなどちょこちょこ買い物してしまう (-ω-)/

人によっては、お酒のつまみや雑誌などを買い物カゴに・・・

ついついムダな買い物をしてしまいます。

自宅から一歩も出なければ、コンビニでムダな買い物をする機会が減るため「節約」につながります。

 

【4】かんたん便利でラク

これだけ便利なサービスだから使ってみたいけど・・・

「使い方がむずかしいのでは?」

不安になっている人は、ひとまず安心してください。

かんたん便利でラク!と、きっと驚かれるでしょう。

本記事の後半で、画像とあわせて使い方を説明します。

 

PayPay請求書払いのデメリット

PayPay請求書払いのデメリットは、以下の3つです。

◆ PayPay請求書払いのデメリット ◆

  1. PayPay残高にチャージが必要
  2. 利用できない振込用紙がある
  3. 領収書が発行されない

1つずつ見ていきましょう。

 

【1】PayPay残高にチャージが必要

PayPay請求書払いのデメリットは、PayPay残高にチャージが必要

PayPay請求書払いの支払い方法は、PayPay残高のみからです。

つまり、PayPayに足りない分をチャージして支払うしか方法がないため不便に感じるかもしれません。

念のため、チャージの方法をいくつか紹介しておきます。

  • 銀行口座(限度額は過去24時間50万円/過去30日間200万円)
  • ATMから現金(限度額は過去24時間50万円/過去30日間200万円)
  • クレジットカード(ヤフーカードのみ可:限度額は過去24時間2万円/過去30日間5万円)

上記の通り、チャージできる金額に限度額が設けられています。

また、クレジットカードでのチャージはヤフーカードのみの対応という点はデメリットです。

PayPayに銀行口座を登録しておくと、いつでもチャージできる環境が整うためデメリットを解消できるでしょう。

 

【2】利用できない振込用紙がある

PayPay請求書払いのデメリットは、利用できない振込用紙がある

すべての振込用紙でPayPay請求書払いが利用できるわけではありません。

  • 一部の自治体では対応していない
  • 振込用紙1枚あたりの金額が〇〇万円を超えるものは支払いできない

上記のように、PayPay請求書払いを利用できるものに制限があります。

対応しているか確認する方法は、まず振込用紙の裏面を見てください。

画像のように「PayPay」と記載されていれば問題ありません。

 

◆ 参考までに・・・ ◆

振込用紙に「PayPay」と記載されていなくても利用できる場合があります。

詳しくは、以下のリストをご確認ください。

参考資料:PayPay請求書払いに対応している支払先リスト

 

【3】領収書が発行されない

PayPay請求書払いのデメリットは、領収書が発行されない

PayPay請求書払いは、コンビニで支払う時のような領収書が発行されません。

「自動車税の領収書がないと困る!」と車検を控えている人は、心配になるかもしれません。

安心してください。

種別割の自動車税のみですが、領収書がなくても車検を通せるようです。(要確認)

領収書が必要な場合は、PayPayではなく自治体など振込用紙の発行元に問い合わせてみましょう。

なお、PayPayの取引履歴で支払内容を確認することも可能です。

 

PayPay請求書払いの使い方

ここからは、PayPay請求書払いの使い方を説明します。

まず、振込用紙とスマホを準備してください。

以下の通り、5つの手順に沿って画像とともに解説します。

◆ PayPay請求書払いの使い方 ◆

  1. PayPayをダウンロード
  2. PayPay残高を確認後、足りない分はチャージ
  3. 振込用紙のバーコードを読み取る
  4. 「支払う」をタップ
  5. PayPayボーナスポイント獲得!

お手元に振込用紙がある人は、PayPay請求書払いを実際に試してみてください。

 

【1】PayPayをダウンロード

PayPayを利用した事がない人は、以下のリンクからアプリをダウンロードしてください。

 

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
無料
posted withアプリーチ

 

PayPay請求書払いの使い方:PayPayをダウンロード

PayPayのアプリが表示されたら「インストール」をタップします。

 

PayPay請求書払いの使い方:新規登録またはログインする

初めての人は「新規登録」をタップ、画面にそってお客様情報等の入力を進めましょう。

登録は無料です。

すでに利用している人は「ログイン」をタップしてください。

 

【2】PayPay残高を確認後、足りない分はチャージ

PayPay請求書払いの使い方:PayPay残高を確認後、足りない分はチャージ

ログインすると、画面上部に残高が表示されます。

現在の残高が振込用紙の金額に足りない場合は、先にチャージしてください。

黄色い矢印の「チャージ」をタップします。

 

PayPay請求書払いの使い方:ヤフーカードでのチャージが一番オススメ

残高が足りない場合は、迷わずチャージを済ませましょう!

ここでは、ヤフーカードからチャージする場合を説明します。

ヤフーカードは金額を選択するだけでチャージ完了するため、最も簡単な方法です。

主なチャージの方法は、以下の通りです。

  • 銀行口座(限度額は過去24時間50万円/過去30日間200万円)
  • ATMから現金(限度額は過去24時間50万円/過去30日間200万円)
  • クレジットカード(ヤフーカードのみ可:限度額は過去24時間2万円/過去30日間5万円)

ヤフーカードがない人は銀行口座の登録をしておくと、限度額も大きく利用しやすいと思います。

 

PayPay請求書払いの使い方:チャージする金額を入力する

チャージする金額を「限度額内」で入力します。

または、表示されている金額から選択してください。

 

PayPay請求書払いの使い方:画面最下部にある「〇〇円チャージする」をタップする

画面最下部にある「〇〇円チャージする」をタップします。

 

PayPay請求書払いの使い方:PayPay残高にチャージ完了

PayPay残高にチャージ完了です。

ヤフーカードからのチャージは、びっくりするほど簡単なのでオススメです。

では、いよいよ「PayPay請求書払い」のメイン作業に入ります!

 

【3】振込用紙のバーコードを読み取る

PayPay請求書払いの使い方:「請求書払い」をタップする

黄色い矢印の「請求書払い」をタップします。

 

PayPay請求書払いの使い方:「請求書を読み取る」をタップすると、スマホのカメラが起動する

請求書を読み取る」をタップすると、スマホのカメラが起動します。

 

PayPay請求書払いの使い方:振込用紙に記載されているバーコードをスマホのカメラで読み取る

振込用紙のバーコードをカメラで読み取りましょう。

 

【4】「支払う」をタップ

PayPay請求書払いの使い方:画面に表示される支払い内容(支払先・金額)を確認

バーコードを読み取ると、画面に支払い内容が表示されます。

支払先・金額を確認して「支払う」をタップします。

すると、おなじみの♪PayPay♪と音が鳴ります。

参考までに・・・♪PayPay♪の音量は調節できますよ (^^)/

 

【5】PayPayボーナスポイント獲得!

PayPay請求書払いの使い方:PayPay請求書払いの支払い完了

PayPay請求書払いの支払い完了です。

支払いが完了すると、0.5%のPayPayボーナスポイントが付与されます。

例えば・・・

  • 3,000円の支払い→15円分
  • 30,000円の支払い→150円分

自宅から一歩も出ずに支払うだけで、ポイントがもらえるなんて嬉しすぎます!

PayPayボーナスポイントの獲得金額は、画面中央にある「〇〇円相当」で分かります。

 

まとめ:PayPay請求書払いは、かんたん便利でラク!

PayPay請求書払いを使ってみた人は、あまりの便利さに驚いたのではないでしょうか?

振込用紙とスマホがあれば、もうコンビニまで出かける必要はありません!

PayPay請求書払いは、かんたん便利でラク!

自宅から一歩も出ずにコンビニ振り込みができる上、PayPayボーナスポイントまでもらえます。

忙しくてコンビニまで行く時間がない人や自宅近くにコンビニがない人など・・・

まだ利用した事がない人は、是非この機会にお試しください。

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ライフスタイル