ガジェット

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法。Seagate ExpansionポータブルHDDを例に解説

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法。Seagate ExpansionポータブルHDDを例に解説

新しい外付けHDDをWindowsのパソコンにはじめて接続

  • フォーマットするべき?
  • フォーマットしなくても大丈夫?

このような疑問がありませんか?

 

フォーマット済み・未フォーマットは、外付けHDDによって異なります。

私が先日購入した外付けHDD

「Seagate ExpansionポータブルHDD」

こちらのHDDは、exFAT形式でフォーマット済みの状態です。

すぐに使い始めることができる外付けHDDとなりますが・・・

exFAT形式では使いにくい!

そのため、exFAT形式をNTFS形式にフォーマットし直します。

 

本記事の内容

  • フォーマットの形式について
  • Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法

 

exFAT形式でフォーマットされていて、すぐに使い始めることができるのに・・・

なぜ、形式を変更するのか?

その理由を含めて、フォーマットの形式について解説します。

また、実際の画像を使ってNTFS形式にフォーマットする方法も紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

 

▼ コンパクトで静音!大容量のHDD ▼

【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き
【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き

続きを見る

 

フォーマットの形式について

フォーマットの形式について:Windowsのみで使用の場合、NTFS形式を推奨

Seagate ExpansionポータブルHDDは、exFAT形式でフォーマット済みの状態です。

なぜ、NTFS形式にフォーマットし直すのか?

その理由は、私の使用環境にあります。

私の場合、Macで使用する機会がありません。

Windowsのパソコンのみで使用します。

Windowsのみで使用の場合、NTFS形式が推奨されています。

そのため、exFAT形式からNTFS形式へフォーマットし直します。

外付けHDDを使用する時は、使用環境に合わせたフォーマットの形式をおすすめします。

以下に、主なフォーマットの形式を紹介します。

 

NTFS形式:Windowsのみでの使用におすすめ

Windowsのパソコンのみで使用する場合、「NTFS形式」にフォーマットしましょう!

NTFS形式は、Windowsの開発元であるMicrosoft社が開発したファイルシステムです。

2TB以上のボリュームサイズを管理可能で圧縮・暗号化機能などを実装しています。

また、データの消失・破損を防ぐための自己修復機能があります。

Windowsのパソコンにとって、標準ファイルシステムかつデータ保護の観点からも最適なフォーマット形式です。

 

HFS+形式:Macのみでの使用におすすめ

Macのパソコンのみで使用する場合、「HFS+形式」にフォーマットしましょう!

HFS+形式は、Macの開発元であるApple社が開発したファイルシステムです。

Macのパソコンにとって、標準ファイルシステムかつデータ保護の観点からも最適なフォーマット形式です。

 

exFAT形式:WindowsとMac両方での使用におすすめ

WindowsとMac両方のパソコンで使用する場合、「exFAT形式」にフォーマットしましょう!

現状では・・・

  • Windowsのパソコン:HFS+形式を認識できない
  • Macのパソコン:NTFS形式の読み込みは可能、操作に制限あり

つまり、両方のパソコンで使用する場合、exFAT形式一択になります。

 

私が購入した「Seagate ExpansionポータブルHDD」

exFAT形式でフォーマット済みだったのは、WindowsとMac両方のパソコンに対応させるためです。

ただし、exFAT形式は自己修復機能がなくデータ保護の観点からは、NTFS形式・HFS+形式より劣ります。

定期的にバックアップをとっていれば、exFAT形式でも心配する必要はありません。

その点を理解した上で、最適なフォーマットの形式を選択しましょう!

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法

ここからは、Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法を紹介します。

Seagate ExpansionポータブルHDDを例にしますが、他の外付けHDDも操作は同じです。

画像は、Windows10の画面です。

Windows11の場合も同様の手順でフォーマットしてください。

 

※フォーマットすると、HDD内のデータはすべて消去されます。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:外付けHDDとパソコンをUSBケーブルで接続

外付けHDDとパソコンをUSBケーブルで接続します。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:外付けHDDを認識

外付けHDDを認識すると、エクスプローラーが起動します。

購入後はじめて外付けHDDをパソコンにつないだわけですが・・・

すでにファイルが保存されています。

中身を確認すると、左から順に以下の通りです。

  • MacOS向けのフォルダー
  • Seagate製品登録
  • PDFファイル(保証書)

フォーマットすると、これらのファイルは消えてしまいます。

必要な場合、別の場所へコピーして移動しましょう。

一旦、この画面を閉じてください。

 

ここからは、Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットしていきます。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:「スタート」の上で右クリック

パソコン画面の左下「スタート」の上で右クリックします。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:「ディスクの管理」をクリック

ディスクの管理」をクリックして起動します。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:ディスクを特定

管理画面に新しい外付けHDDが表示されているはずです。

フォーマットしたい外付けHDDに割り当てられたディスクを特定します。

※フォーマットすると、HDD内のデータはすべて消去されます。

ディスクの選択を間違わないようにしましょう!

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:「ボリュームの削除」をクリック

フォーマットするディスクの上で右クリックします。

ボリュームの削除」をクリックします。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:「ディスクの初期化」

外付けHDDによっては「ディスクの初期化」と表示される場合があります。

Seagate ExpansionポータブルHDDでは、この表示は出ませんでした。

  • MBR(マスターブートレコード)
  • GPT(GUIDパーティションテーブル)

いずれかを選択して「OK」をクリックします。

特別な理由がない限り、「GPT」を選択すると良いでしょう。

2TBを超えるディスクやWindows11で使用する場合、GPTの選択は必須です。

MBRは、Windowsの古いOSにも対応しますが、最大2TBまでのディスクしか処理できません。

「ディスクの初期化」の表示が出ない場合は、そのまま次へ進んでください。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:シンプルボリュームの削除

シンプルボリュームの削除に関する注意点を確認してください。

※HDD内のデータはすべて消去されます。

削除で問題なければ「はい」をクリックします。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:「新しいシンプルボリューム」をクリック

表示が「未割り当て」に変わります。

フォーマットするディスクの上で右クリックします。

新しいシンプルボリューム」をクリックします。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:新しいシンプルボリュームウィザードが開く

新しいシンプルボリュームウィザードが開きます。

次へ」をクリックします。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:ボリュームサイズの指定

ボリュームサイズの指定を選択します。

私の場合、初期設定のままにしています。

サイズを変更する場合は、表示の中から選択してください。

次へ」をクリックします。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:ドライブ文字またはパスの割り当て

ドライブ文字またはパスの割り当てをします。

特に変更する必要がないため、初期設定のままにしておきます。

次へ」をクリックします。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:パーティションのフォーマットの各項目を設定

パーティションのフォーマットの各項目を設定します。

赤枠内の設定を1つずつ確認しましょう。

  1. このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選択
  2. ファイルシステムは「NTFS」を選択
  3. アロケーションユニットサイズは初期設定のままでOK!「規定値」を選択
  4. ボリュームラベルは必要に応じて入力、ここでは「ボリューム
  5. 「クイックフォーマットする」に「チェック」を入れる

各項目の設定ができたら「次へ」をクリックします。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:「完了」をクリック

新しいシンプルボリュームウィザードの内容を確認して

完了」をクリックします。

すると、フォーマットが開始します。

 

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法:フォーマット完了

赤枠内を確認すると、NTFS形式になっています。

「正常」と表示されていればOK!

Windowsで外付けHDDのフォーマットが完了です。

お疲れ様でした。

 

まとめ:パソコンに最適なフォーマット形式で使おう!

外付けHDDを使用する時は、フォーマットの形式を確認しましょう。

私のようにWindowsのパソコンのみで使用する場合、NTFS形式がおすすめです。

以下の形式と使用環境を参考にしてください。

  • NTFS形式:Windowsのみ
  • HFS+形式:Macのみ
  • exFAT形式:WindowsとMac両方

使用環境に合わせたフォーマットの形式を選択しましょう。

そうする事でトラブル回避につながります。

 

▼ コンパクトで静音!大容量のHDD ▼

【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き
【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き

続きを見る

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット