仕事

これから副業でお金を稼ぎたい人が考えるべき、たった1つのこと。

これから副業でお金を稼ぎたい人が考えるべき、たった1つのこと

 

副業でお金を稼ぐ方法は?

副業したいけど・・・

どうやって、お金を稼ごう?

 

「もっと収入を増やしたい」

「今の会社に不満がある」

「将来が不安」

人それぞれ理由は違いますが、副業に関心を持つ人は増え続けています。

 

これから副業を始める人にとって、仕事選びや働き方など不安はたくさんあるでしょう。

何から始めていいか分からない状況で、仕事を探さなければなりません。

この記事を読んでほしい人

  • これから副業を始めたい
  • 副業でお金を稼ぎたい

 

副業を始める前に、たった1つ考えてほしいことがあります。

どのような労働をしてお金を稼ぎたいか

副業でお金を稼ぐための労働は2種類あり、どちらを選択するかで将来にも影響します。

本記事では「2種類の労働」の違いについて詳しく解説します。

「これから副業でお金を稼ぎたい人が考えるべき、たった1つのこと」を意識して副業を始めましょう。

最後まで読むことで、副業についてのマインドが変わります。



副業でお金を稼ぐための労働は2種類

副業でお金を稼ぐための労働は2種類

そもそも、なぜ副業しなければならないのか?

職場の同僚や友人が副業を始めることに疑問を持っているかもしれません。

自分の身を守るため、生活をより豊かで充実させるために副業します。

 

会社が労働者である私たちの生活を守ってくれる時代は終わりました。

正社員であっても、一流企業に就職しても雇用は守られません。自分の身は自分で守るしかありません。

自分の身を守るためには「複数の収入源」を持つことが重要です。

そのために、私たちは副業を始めます。

 

副業でお金を稼ぐための労働は2種類あります。

  1. 時間労働
  2. 資産となる労働

これから副業でお金を稼ぎたい人は「2種類の労働」の違いを理解してください。

自分にあった労働を選択して副業を始めましょう。



【1】時間労働

副業でお金を稼ぐための労働「時間労働」

最初に紹介する労働は「時間労働」です。

時間労働は多くの人が経験したことのある働き方です。以下について解説します。

  • 時間労働とは?
  • 時間労働となる副業
  • 時間労働で稼ぐメリット・デメリット

 

時間労働とは?

時間労働とは、ずばり!時間の切り売りをしてお金を稼ぐ働き方です。自分の時間を提供することで収入が得られる、1番身近にある労働といえます。

「労働=時間労働」と考えている人が大半でしょう。

 

時間労働の副業

時間労働の副業をいくつか紹介します。

  • スーパー・コンビニなどのレジ店員
  • ガソリンスタンドのスタッフ
  • 塾の講師
  • ウーバーイーツの配達員
  • 清掃スタッフ
  • ガードマン
  • アンケートモニター

時間労働にあたる仕事は豊富ですが、お金を多く稼ぎたくても働ける時間には限りがあります。

自分の時間的な都合や体力的な問題、労働基準法などで定められた時間内での労働しかできないのが現実です。

 

時間労働で稼ぐメリット

時間労働で稼ぐ「メリット」を紹介します。

  • すぐにお金になる
  • 確実なお金が手に入る

仕事をすれば、働いた時間分は確実にお金が稼げます。

人手不足のような業界で仕事を見つければ、長時間働くことができるので稼げるチャンスは増えるでしょう。働けば働くほど、より多くのお金になるため、稼ぎたければ長時間労働が必要となります。

時間労働が「将来につながる労働」となるかどうかは、その人次第です。

目先のお金を稼ぐだけではなく、目標や目的意識を持って働くことが大切です。

  • スキルを身につける
  • キャリアアップを目指す

時間の切り売りだけを考えて、時間労働するような副業はオススメしません。

目標や目的意識を持って、副業に取り組みましょう。

 

時間労働で稼ぐデメリット

時間労働で稼ぐ「デメリット」を紹介します。

  • 働いた時間のみがお金になる
  • 時給アップには限度がある
  • リストラ、契約打ち切りの可能性あり
  • キャリアアップはむずかしい

時間労働は景気や会社の方針に振り回される可能性があります。希望通りのシフト(時間)で働けるとは限りません。



【2】資産となる労働

副業でお金を稼ぐための労働「資産となる労働」

次に紹介する労働は「資産となる労働」です。

資産となる労働?どういうこと?

時間労働のような身近なイメージはないと思います。以下について解説します。

  • 資産となる労働とは?
  • 資産となる労働の副業
  • 資産となる労働で稼ぐメリット・デメリット

 

資産となる労働とは?

資産となる労働とは、ずばり!仕事を通して将来の資産を積み上げていく働き方です。

もっと分かりやすくいうと、労働を通して以下のような「資産」が手に入ります。

  • スキル
  • 知識
  • 人脈
  • お金になる仕組み

時間労働は、自分の時間を提供して目先のお金を稼ぐだけになりがちです。

資産となる労働は、今の努力が「お金になる仕組み」を作り出し、いずれ実を結ぶ状況につながります。

「目先のお金を稼ぐ」「確実なお金をすぐ稼ぐ」ことはできませんが、資産となる労働を制することができれば「将来への安心」も手に入ります。

複数の収入源を持つためには「資産となる労働」を理解し身につけることが重要です。

 

資産となる労働の副業

資産となる労働の副業を紹介します。

  • ブログ
  • YouTube
  • コンテンツ制作(Kindle本の出版・noteなど)

おそらく、ピンとこないと思います。

 

イメージがわくように「歌」を例に説明します。(本業・副業に関係なく「お金になる仕組み」として例に使います。)

例えば、アーティストが作詞・作曲をして歌を発売します。労働は曲作りなどをした時間になります。

歌が多くの人から愛されれば、10年・20年・30年と長きにわたって歌い継がれていきます。

そこで注目すべきポイントは「印税収入」です。

アーティストが引退しようと、1日中寝て過ごそうと「収入が発生する仕組み」ができます。このような仕組みを作り出す働き方を「資産となる労働」といいます。

 

ブログ・YouTube・コンテンツ制作(Kindle本の出版・noteなど)は、私たちが取り組みやすい「資産となる労働」です。

収入源は印税収入ではなく、広告収入がメインになります。

資産となる労働は他にもあるため、別の機会で紹介させて頂きます。

 

資産となる労働で稼ぐメリット

資産となる労働で稼ぐ「メリット」を紹介します。

  • スキル・知識の向上
  • SNSでの人脈が広がる
  • 波に乗れば、大きな収入が期待できる
  • 自分が寝ている間もお金を稼いでくれる
  • 自宅でできるため、移動の手間がない
  • すきま時間を活用し自分のペースでできる
  • 初期費用・固定費は安い

資産となる労働の特徴は、労働時間に関係なく収入を期待できることです。

波に乗り始めると相乗的に資産が増える可能性があります。

年齢制限がないため、何歳からでも始められ自分のペースで長く続けることができます。

 

資産となる労働で稼ぐデメリット

資産となる労働で稼ぐ「デメリット」を紹介します。

  • 稼げる保証はない
  • 収入ゼロが長期間続く可能性あり
  • 作業量が多く、時給労働に換算するとツラい
  • 始めるのはかんたん、継続はむずかしい
  • 参入している人(ライバル)が多く、競争が激化
  • 一部では、オワコンといわれる

資産となる労働のメリットは多いのですが、デメリットも多いです。

「すぐに」「確実な」お金が必要な人にはオススメできません。

ある程度、お金に余裕があり資産を作りたいと考える人が始めるべき副業です。



副業でお金を稼ぎたい人が考えるべき、たった1つのこと

副業でお金を稼ぎたい人が考えるべき、たった1つのことは労働の種類

最後にまとめです。副業でお金を稼ぐための労働は2種類あります。

  1. 時間労働
  2. 資産となる労働

すぐにお金が必要な人や貯金がない人は、まず「時間労働」をしてください。時間労働しながら、お金に余裕が持てる状況を作りましょう。ある程度、お金に余裕が出てきたら「資産となる労働」を始めてください。

資産となる労働は、すぐに結果(収入)は期待できません。

人生の基盤となる「資産」を作り上げていくような感覚を持ちながら取り組むことをオススメします。

 

資産となる労働に取り組むことは将来の安定や安心につながります。

自分の身を守るためには、複数の収入源を持つことが重要です。

本業に加えて、副業を自分のペースで始めましょう。

資産となる労働は、今の努力が「お金になる仕組み」を作り出し、いずれ実を結ぶ状況につながります。

これから副業でお金を稼ぎたい人は「たった1つのこと」つまり

  • 時間労働
  • 資産となる労働

「どちらの労働を選択」するのか考えてから副業を始めましょう。

 

副業する時間がない人は、以下の記事を参照ください。

副業時間の作り方
【副業時間の作り方】忙しくて時間がない人は、捨てることから始めよう!

続きを見る

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-仕事