ガジェット

【SONY ZV-E10L レビュー】はじめてのレンズ交換式カメラはコレで決まり!動画撮影におすすめのVLOGCAM

【SONY ZV-E10Lレビュー】はじめてのレンズ交換式カメラはコレで決まり!動画撮影におすすめのVLOGCAM

 

ZV-E10Lは動画撮影におすすめ!レンズ交換式VLOGCAMで動画も写真も楽しもう!

ZV-E10Lは動画撮影におすすめ!

レンズ交換式VLOGCAMで

動画も写真も楽しもう!

 

2021年9月17日発売

ZV-E10/ZV-E10L

動画に特化した「VLOGCAM」

自撮りなど日常的な出来事を気軽に撮影できるカメラです。

もちろん静止画の撮影もOK!

私はYouTube動画撮影のために購入しました。

2つのカメラの違いは・・・

  • ZV-E10は、本体のみ
  • ZV-E10Lは、本体とレンズとレンズキャップ

カラーはブラック・ホワイトの2色展開です。

今回レビューするのは、ZV-E10Lのホワイトです。

本記事の内容は、以下の通りです。

  • 選んだ理由
  • スペック表
  • 開封
  • 外観
  • おすすめポイント
  • 残念なところ
  • 作例紹介

ぜひ参考にしてください。

 

▼ ZV-E10Lはレンズキット ▼

 

ソニー ZV-E10Lを選んだ理由

ソニーのVLOGCAM「ZV-E10L」を選んだ理由

実を言うと、数ヶ月前にソニーのVLOGCAM「ZV-1」を購入しています。

SONY ZV-1レビュー!動画撮影に最適で初心者YouTuberにもおすすめのVlogカメラ
SONY ZV-1レビュー!動画撮影に最適で初心者YouTuberにもおすすめのVlogカメラ

続きを見る

 

VLOGCAMはYouTuber向けカメラとも言える程、動画に特化した性能があります。

ZV-1を持っている私は・・・

ZV-E10へ買い替えるべきなのか?

比較検討する記事を書くほど悩んでいました。

ZV-1からZV-E10へ買い替えるべき?SONYのカメラを比較検討する【動画撮影】
ZV-1からZV-E10へ買い替えるべき?SONYのカメラを比較検討する【動画撮影】

続きを見る

 

現在は、2台のカメラを所有。

購入後、比較する記事も書いています。

【SONYのVLOGCAM比較】動画撮影するなら「ZV-1とZV-E10L」どちらがオススメ?!
【SONYのVLOGCAM比較】動画撮影するなら「ZV-1とZV-E10L」どちらがオススメ?!

続きを見る

 

カメラが2台あると、同時に違うアングルからの撮影が可能となります。

そのため、2台とも手放せない状態になっています (-ω-)/

操作性も似ているため、使い勝手がとても良いのも魅力の1つ。

何よりもオートフォーカス機能が素晴らしい。

私のように・・・

YouTubeでの商品レビューや自撮りしたいなど

動画撮影がメインで写真も撮りたい!

このような人には、ソニーのVLOGCAM「ZV-1」「ZV-E10」はおすすめです。

 

▼ 初心者YouTuberにもおすすめ「ZV-1」 ▼

 

ソニー ZV-E10L:スペック表

SONYのVLOGCAM「ZV-E10L」のスペック表です。

ZV-E10Lはパワーズームレンズキットになります。

 

VLOGCAM ZV-E10L
レンズ交換式デジタルカメラ
ブラックホワイト
イメージセンサー 
センサータイプAPS-Cサイズ、Exmor CMOSセンサー
有効画素数約2420万画素
レンズ 
レンズタイプEマウント
名称E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
型名SELP1650
F値(開放)3.5-5.6
焦点距離16-50
モニター 
モニタータイプ3.0型
タッチパネル対応
角度調節機能オープン角:約176度
チルト角:約270度
カメラ 
手ブレ補正電子式(交換レンズ側対応)
フォーカスエリアワイド/425点
ゾーン
中央
フレキシブルスポット他
瞳AF静止画:人物/動物
動画:人物
ISO感度ISO100-32000
連写/連続撮影速度11、8、6、3コマ/秒
記録 
記録メディアSDXC/SDHC/SDメモリーカード
メモリースティック デュオ他
フォーマット静止画:JPEG
動画:XAVC S
電源 
バッテリーシステムNP-FW50
バッテリー使用時間静止画:約440枚
実動画:約80分
連続動画:約125分
その他 
幅×高さ×奥行き約115.2×64.2×44.8mm
重量(本体のみ)約299g
重量(バッテリー・メモリーカード含む)約343g
重量(SELP1650)約116g
本体カラーブラック/ホワイト

※赤字はレンズキットに付属する「SELP1650」のスペック

本体カラーは2色展開です。

  • ブラックにはグレー系のウィンドスクリーン
  • ホワイトにはホワイトのウィンドスクリーン

ウィンドスクリーンをつけた見た目は、オシャレでかわいい!

 

▼ ZV-E10Lの価格や在庫状況はこちら ▼

 

▼ ZV-E10は本体のみ ▼

 

ソニー ZV-E10L:開封の儀

ソニー ZV-E10L:開封の儀、外箱

外箱にはZV-E10との表記が・・・

購入したのは、ZV-E10Lです。

箱は共通なのでしょう (-ω-)/

 

ソニー ZV-E10L:外箱を開けると、保証書などの紙類が一番上に入っている

外箱を開けると、保証書などの紙類が一番上に入っています。

 

ソニー ZV-E10L:本体は白い袋にしっかり保護されていて、安心感がある

奥には何やら黒いモノが・・・

手前の白い袋には、本体が入っているようです。

取り出してみましょう。

 

ソニー ZV-E10L:本体にはレンズとレンズキャップがついている

かわいい (^^♪

白の色合いがたまりません!

見た目のかわいさだけで、テンションがあがります。

性能は果たして・・・?

本体ボディにレンズとレンズキャップがついた状態で届きます。

※ZV-E10は本体のみとなります。

 

ソニー ZV-E10L:本体以外の付属品を確認

その他の付属品です。

  1. スタートガイド、保証書等
  2. リチャージャブルバッテリーパック(NP-FW50)
  3. ACアダプター
  4. マイクロUSBケーブル
  5. SONYのロゴが入ったショルダーストラップ
  6. ウィンドスクリーンとウィンドスクリーンアダプター

白いもふもふがカワイイ (^^♪

 

ソニー ZV-E10L:外観

ここからは、ZV-E10Lの外観を見ていきましょう。

 

ソニー ZV-E10L:外観、レンズを取り外した状態の本体とレンズとレンズキャップ

本体からレンズを取り外した状態です。

ZV-E10Lはレンズキャップ付属ですが、ボディキャップは付いていません。

詳細は以下の通り。

  • ZV-E10Lは、レンズあり/レンズキャップあり/ボディキャップなし
  • ZV-E10は、レンズなし/レンズキャップなし/ボディキャップあり

はじめてレンズ交換式カメラを持つ人は

レンズキットで始めてみるのがオススメ!

慣れてきたら好みのレンズを探して追加すると良いでしょう。

記事の後半で詳しく書いていますが

レンズキットは、コストパフォーマンス最高です (^^♪

 

ソニー ZV-E10L:外観、EマウントのAPS-C用のレンズ「SELP1650」とレンズキャップ

EマウントのAPS-C用のレンズです。

  • 名称:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
  • 型名:SELP1650

キットレンズは約116gと薄くて軽い!

非常にコンパクトで携帯しやすいレンズです。

電動ズームに対応しています。

レンズ側・本体側、どちらでもズーム操作が可能です。

 

ソニー ZV-E10L:外観を斜めから見ると、スッキリしたデザイン

外観を斜めから見ると、スッキリしたデザインです。

本体のみだとコンパクトですが・・・

取り付けるレンズによっては、迫力が増しそうです。

 

ソニー ZV-E10L:外観を反対側の斜めから見ると、しっかり厚みがあり手になじみそうなデザイン

反対側の斜めから見ると、しっかり厚みがあります。

片手でも持ちやすい手にフィットするデザインです。

 

ソニー ZV-E10L:外観、液晶モニターは3.0型と大きくバリアングルに対応

液晶モニターのサイズは3.0型です。

バリアングルとタッチパネルに対応!

コントロールホイールは滑らかに回ります。

ボタンが小さいため、操作のしにくさを感じるかもしれません。

 

ソニー ZV-E10L:上部のボタンが大きく、操作がシンプルで分かりやすい

左からマルチインターフェースシュー・内蔵マイクが設置されています。

電源ボタンはスライド式で使いやすい!

上部のボタンは大きく、シンプルで分かりやすいデザインが特徴です。

カメラを選ぶ上で、操作感の良さや分かりやすさは重要です。

 

ソニー ZV-E10L:外観、側面にある端子類

一番上にあるマイク端子だけ独立しています。

つづいて残りの端子類は

  • USB Type-C端子
  • 充電ランプ
  • HDMIマイクロ端子
  • ヘッドホン端子

4つの端子類には共同のふたがついています。

何より嬉しいのが

  • Type-C対応
  • マイク端子とヘッドホン端子があるため、音声を撮りながらモニタリングできる

この2点は、かなり嬉しいポイントです。

 

ソニー ZV-E10L:外観、底面は三脚の取り付けとバッテリー・メモリーカードを入れる場所がある

底面を見てみましょう。

バッテリー・メモリーカードを入れる場所と三脚の取り付け箇所があります。

 

ソニー ZV-E10L:外観、バッテリー・メモリーカードを入れる場所「OPEN」にした状態

開けてみると、こんな感じです。

三脚を取り付けたまま、バッテリー・メモリーカードの交換ができます。

 

ソニー ZV-E10L:おすすめポイント

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイントは、以下の通りです。

◆ おすすめポイント ◆

  • レンズキットはコスパ最高
  • 白いボディがオシャレでかわいい
  • モニターはバリアングルとタッチパネル対応
  • 内蔵マイクのクオリティが高い
  • 給電しながら撮影が可能
  • Youtuberに嬉しい機能あり

1つずつ、順に見ていきましょう。

 

レンズキットはコスパ最高

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:レンズキットはコスパ最高

数ヶ月前に購入したZV-1はレンズ交換できません。

ZV-E10Lはレンズ交換式カメラです。

撮影シーンに合わせてレンズ交換できるので、格段に映像表現の幅が広がります。

同じVLOGCAMでも違った魅力を感じたわけです。

より動画や写真を楽しめるカメラ、それがZV-E10Lと思っています。

また、コストパフォーマンスにも優れています。

SONYのホームページで価格を確認すると

  • ZV-E10は、税込78,100円
  • SELP1650のレンズは、税込44,000円(Amazonなら半額くらいで買える可能性あり)
  • レンズキャップは、税込1,045円~

との記載が!

合計123,145円

ZV-E10Lは全てが同梱されていて

価格は「税込89,100円

レンズキットを購入するだけで

34,000円程お得になります!

はじめてのレンズ交換式カメラやお手頃価格のミラーレスカメラを探している人には、圧倒的にオススメです。

キットレンズは、十分なレンズ性能を持ち合わせています。

 

白いボディがオシャレでかわいい

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:白いボディがオシャレでかわいい

レンズ交換式カメラとしては、かなりコンパクト。

白いボディがオシャレでかわいい (^^♪

ブラックの方が人気はあるそうですが

ホワイトを選んで大正解!

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:電源オンにすると、レンズの存在感が増す

電源オンによりレンズが前に出ることで、カメラの存在感が増します。

取り付けるレンズ次第でガラリと印象が変わりそうです。

望遠や単焦点レンズなど、徐々に揃えていこうと思います。

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:付属のストラップをつけた状態

付属のストラップは全長約120cm。

取り付けてみると、しっかりしています。

なかなかの好印象!

ですが・・・

私はブラウン系のショルダーストラップを購入済みです (^^)/

 

モニターはバリアングルとタッチパネル対応

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:モニターはバリアングル対応で自撮りしながら映像を確認できる

液晶モニターは、3.0型と大きくバリアングルに対応しています。

大画面で映像を確認しながら自撮りできるのは、嬉しいポイント!

タッチパネルにも対応しています。

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:モニターはバリアングル対応

いつでもモニターを確認しながら撮影できるのは便利です。

長時間の撮影をすると、本体が熱くなる時があります。

そんな時もバリアングルにできるので、放熱効果が期待できます。

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:モニターはタッチパネル対応

タッチパネル対応に期待はふくらみましたが・・・

使い道が限られています。

  • タッチシャッター
  • タッチフォーカス
  • タッチトラッキング

あると便利な機能ですが・・・

タッチパネルでもっと多くの操作ができればなぁ

残念なところです (/ω\)

 

内蔵マイクのクオリティが高い

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:内蔵マイクのクオリティが高い 

内蔵マイクが大きく高性能なため、集音性の高さと高音質での録画を可能にします。

音質へのこだわりからも動画に特化したカメラという事が伝わります。

マルチインターフェースシューは挿すだけで音声データを伝送できるデジタルオーディオインターフェース対応。

対応機器を持っているなら、かなり便利な機能です。

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:ウィンドスクリーンを取りつけると、見た目がかわいくなる

ウィンドスクリーン(もふもふ)を取りつけると、見た目がかわいくなります。

これだけで買って良かったと思えるほど・・・

ウィンドスクリーンは屋外での撮影時など、風切り音が入るのを防いでくれます。

「ザザザー」というノイズ音を除去できれば、編集する手間が省けて助かります。

 

内蔵マイクだけでも十分な音質ですが・・・

撮影環境によっては、ワイヤレスマイクをおすすめします。

より良い音質と夫婦2人での対話を撮影したい時などに利用しています。

 

▼ 言わずと知れた“RODE“ ▼

動画撮影ワイヤレスマイクおすすめ「RODE WIRELESS GO 2」購入レビュー
動画撮影ワイヤレスマイクおすすめ「RODE WIRELESS GO 2」購入レビュー

続きを見る

 

▼ コスパが良すぎる“Hollyland“ ▼

動画撮影ワイヤレスマイクおすすめ「HOLLYLAND LARK 150」購入レビュー
動画撮影ワイヤレスマイクおすすめ「HOLLYLAND LARK 150」購入レビュー

続きを見る

 

給電しながら撮影が可能

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:給電しながら撮影が可能

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:Type-C端子に対応しているため、汎用性が高い

給電しながら撮影が可能です。

Type-C端子対応のため、汎用性が高く使い勝手の良さが魅力です。

屋外での撮影が多い人は、予備バッテリーを準備すると安心です。

 

 

Youtuberに嬉しい機能あり

YouTube撮影時など、便利で使える機能が豊富にあります。

特に嬉しいと思った機能を5つ紹介します。

  • 録画中、モニターが赤い枠で囲われる
  • 静止画・動画・S&Qをボタン1つで切り換え
  • C1ボタンで背景のボケ切り換え
  • 商品レビュー用設定
  • Fnボタンで手ブレ補正や美肌効果の設定

これらの機能を活用して映える動画や写真を撮りましょう!

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:録画中はモニターを赤い枠で囲ってくれる

録画中はモニターが赤い枠で囲われます。

  • 「録画ボタン」を押したつもりが押せていなかった

このような悲劇を避けられます。

一目で分かるのは、本当に嬉しい機能!

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:C1ボタンを押すと、背景のボケを切り換えできる

静止画・動画・S&Q(スロー&クイック設定)」をボタン1つで切り換えできます。

撮影モードを直感的な操作で変えられるので、撮りたい瞬間を逃がしません。

S&Qは、フレームレートによって再生速度が変わります。

鳥が飛び立つ瞬間をドラマチックに表現したり

人の動きをスローやクイックで撮るなど・・・

アイデア次第で自分にしか出来ない表現を演出できます。

 

C1ボタン」を押すと、背景のボケ切り換えができます。

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:背景のボケをボケまたはくっきりに切り換えできる

ボケまたは、くっきりの文字がモニターに表示されます。

静止画・動画で使える機能!

背景をぼかす事で、主役を際立たせる視覚的効果があります。

同じシーンでも、全く違う表現を楽しめます。

記事の後半で、作例紹介します。

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:商品レビュー用設定ができる

商品レビュー用設定」は、ゴミ箱マークのボタンになります。

顔から手元の商品へ

すばやくピントの移動ができる機能です。

実際、動画を撮ると分かりますが・・・

この機能がないカメラだと、ピントがなかなか合わなくて苦労します。

 

ソニー ZV-E10Lのおすすめポイント:Fnボタンを押すと、各種設定を変更できる

カメラ起動中に「Fnボタン」を押すと、各種設定画面を表示します。

YouTube撮影で嬉しい機能は、この2つ!

  1. 手ブレ補正
  2. 美肌効果

「手ブレ補正」は、切/スタンダード/アクティブの3段階から選択できます。

装着するレンズによって、補正効果が異なります。

アクティブに設定して動画撮影したものを作例紹介しています。

ぜひ、参考にしてください。

 

美肌効果」は、OFF/低/中/高の4段階から選択できます。

名前の通り、肌を明るくキレイな質感で撮影してくれます。

個人的には、「中」を選択することが多いです。

肌をナチュラルな感じで魅せてくれます。

「高」では不自然な加工感があり、盛っている感じがしました (-ω-)/

撮影環境によって、自分の肌にあったモードを選ぶと良いでしょう。

 

ソニー ZV-E10L:残念なところ

ZV-E10Lで動画や静止画を撮影してきて、残念なところがあります。

◆ 残念なところ ◆

  • 手ブレ補正をアクティブにしても手ブレはする
  • 自撮りするには画角が狭い
  • バッテリーもちは微妙
  • タッチパネルの使い道が限定的

 

手ブレ補正は本体内蔵でないため、レンズ次第で変わります。

付属のレンズSELP1650で手ブレを抑えた映像の撮影は可能です。

人などの被写体があれば全く問題なし!

ただし・・・

歩きながら風景のみを撮影すると、手ブレ動画になってしまいます。

撮影するものによっては、手ブレ補正があまり効かない感じです。

 

自撮りするには画角が狭い。

VLOGCAMでありながら残念なところです。

タッチパネルの使い道は限定的で期待外れです。

もっと多くの操作がタッチで出来れば良かったのですが・・・

 

バッテリーのもちは動画なら約2時間です。

長時間、屋外で撮影する場合は不安しかありません。

予備バッテリーの購入をおすすめします。

自宅での撮影が多い人は、給電しながら撮影する事が可能です。

ファインダー(のぞき窓)は搭載していないため、一眼カメラのような撮影の仕方はできません。

どちらかと言うと、プロ仕様より気軽に撮影を楽しみたい人向けのカメラだと思います。

 

ソニー ZV-E10L:作例紹介

ここまで、外観・おすすめポイント・残念なところを紹介しました。

ここからは、実際に私が撮影した動画と静止画の作例紹介をします。

カメラの性能が伝わってくれると嬉しいです。

 

動画の作例紹介

動画の作例紹介として、3分ほどのShort Filmに仕上げています。

カメラにおまかせ!

動画Pモードで撮影しています。

むずかしい設定はしていません。

 

 

静止画の作例紹介

続いて、静止画の作例紹介です。

プログラムオート(Pモード)でサクッと撮影しています。

特にむずかしい設定はしていません。

動画メインのカメラですが、静止画でもキレイに撮れています。

 

ZV-E10L:作例紹介「静止画」風車と空と雲

空の青さや白い雲は、不自然な色合いになるカメラがありますが・・・

ZV-E10Lは、性能の良さを発揮しています。

APS-Cサイズの大きいセンサーを搭載する事で、描写力の高さを感じます。

 

ZV-E10L:作例紹介「静止画」花とつぼみ

花とつぼみを撮影すると、細部まで繊細な表現ができています。

ZV-E10Lのキットレンズは、コンパクトでありながら十分な性能を持ち合わせています。

 

ZV-E10L:作例紹介「静止画」ハワイアンパンケーキ

ハワイアンパンケーキなど、食べ物の撮影にもオススメのカメラです。

光をうまく取り込んで、立体感のある映える写真が撮影できます。

 

▼ 背景ボケON:ぼけ ▼

ZV-E10L:作例紹介「静止画」背景ボケ

C1ボタンを押して「背景ボケ切り替え機能」をONにしての撮影です。

後ろの景色がボケることで、手前のキャップから目線が離れにくくなります。

プロっぽい表現力豊かな写真の出来上がりです。

 

▼ 背景ボケOFF:くっきり ▼

ZV-E10L:作例紹介「静止画」背景くっきり

「背景ボケ切り替え機能」をOFFにすると、くっきりした背景になります。

ボタン1つで簡単に切り替えできます。

 

横並びで見てみましょう。

ZV-E10L:作例紹介「静止画」背景ボケ

ZV-E10L:作例紹介「静止画」背景くっきり

背景ボケとくっきりの違いは明確です。

撮影シーンに合わせて、使い分けてみましょう!

 

まとめ:はじめてのレンズ交換式カメラはコレで決まり!

まとめ:はじめてのレンズ交換式カメラはコレで決まり!

カメラを選ぶ時、何を重視しますか?

私の場合・・・

「何を撮りたいのか?」

撮りたいモノを明確にしてカメラを選ぶようにしています。

YouTubeでの商品レビューや自撮りしたいなど

動画撮影がメインで写真も撮りたい!

私のような用途でカメラを探しているなら

ZV-E10Lは、おすすめのカメラと言えるでしょう!

 

以下の項目に当てはまる人は、ZV-E10Lを検討してください。

  • レンズ交換式カメラを使ってみたい
  • 動画も写真も楽しみたい
  • シンプルで使い方が分かりやすい
  • 高画質・高音質
  • 気軽に撮りたい
  • コンパクトでお手頃価格のミラーレスがほしい
  • スマホカメラからステップアップしたい

レンズ交換式カメラを使ったことがない私にとって

コストパフォーマンスから考えても、最高の選択でした。

今後、撮影環境に合わせてレンズを追加購入する予定です。

YouTube・Vlog・写真・・・

ZV-E10Lがあれば、楽しいカメラライフが待っているでしょう!

 

▼ ZV-E10Lはパワーズームレンズキット ▼

 

▼ 初心者YouTuberにもおすすめ「ZV-1」 ▼

SONY ZV-1レビュー!動画撮影に最適で初心者YouTuberにもおすすめのVlogカメラ
SONY ZV-1レビュー!動画撮影に最適で初心者YouTuberにもおすすめのVlogカメラ

続きを見る

 

▼ 撮影にライトは欠かせない ▼

撮影ライト MOMAN-MFL-06 スマホサイズで扱いやすさ最強!
【レビュー】撮影用ライト MOMAN-MFL-06 スマホサイズで扱いやすさ最強!

続きを見る

 

▼ 一緒に欲しいカメラアクセサリー! ▼

ZV-E10Lと一緒に欲しいカメラアクセサリー!必須アイテムも紹介【SONY VLOGCAM】
ZV-E10Lと一緒に欲しいカメラアクセサリー!必須アイテムも紹介【SONY VLOGCAM】

続きを見る

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット