ガジェット

【SONYのVLOGCAM比較】動画撮影するなら「ZV-1とZV-E10L」どちらがオススメ?!

【SONYのVLOGCAM比較】動画撮影するなら「ZV-1とZV-E10L」どちらがオススメ?!

 

ZV-1とZV-E10L、SONYのVLOGCAM2台の違いを比較する

ZV-1とZV-E10L

SONYのVLOGCAM

2台の違いを比較します。

 

先日書いた記事

「ZV-1からZV-E10へ買い替えるべき?」

ZV-1からZV-E10へ買い替えるべき?SONYのカメラを比較検討する【動画撮影】
ZV-1からZV-E10へ買い替えるべき?SONYのカメラを比較検討する【動画撮影】

続きを見る

 

この記事を書いた時、ZV-E10は手元にありませんでした。

その後、レンズキットであるZV-E10Lを購入。

ZV-1とZV-E10L

数ヶ月間、それぞれのカメラで撮影を楽しみました。

そんな私が2台のVLOGCAMを比較します。

動画撮影なら、どちらがオススメなのか?

ぜひ参考にしてください。

 

SONYのVLOGCAMとは?

VLOGCAMとは、VLOG(ブイログ)用CAMERA(カメラ)を略した言葉。

つまり、自撮りなど日常的な出来事を気軽に撮影できるカメラの事です。

もちろん静止画の撮影もOK!

私はYouTube動画を撮影するために購入しました。

 

動画に特化したSONYのVLOGCAM

ZV-1・ZV-E10・ZV-E10Lがあります。

  • ZV-1は、レンズ交換できない
  • ZV-E10は、レンズ交換できるが本体のみ
  • ZV-E10Lは、ZV-E10本体にレンズ「SELP1650」が付属する

上記3製品の違いは、こんな感じです。

カラーはブラック・ホワイトの2色展開です。

 

ZV-1とZV-E10Lの比較表

ZV-1とZV-E10Lの比較表は、以下の通りです。

ソニー VLOGCAM
ZV-1ZV-E10L
 デジタルカメラレンズ交換式デジタルカメラ
 
イメージセンサー 
センサータイプ1.0型 Exmor RS CMOSセンサーAPS-Cサイズ、Exmor CMOSセンサー
有効画素数約2010万画素約2420万画素
レンズ 
レンズタイプZEISSバリオ・ゾナーTレンズEマウント
名称E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
型名SELP1650
F値(開放)F1.8-2.83.5-5.6
焦点距離f=9.4-25.7mm16-50
モニター 
モニタータイプ3.0型3.0型
タッチパネル対応
角度調節機能オープン角:約176度オープン角:約176度
チルト角:約270度チルト角:約270度
カメラ 
手ブレ補正光学式電子式(交換レンズ側対応)
フォーカスエリアワイド(315点)/425点ワイド/425点
ゾーンゾーン
中央中央
フレキシブルスポット他フレキシブルスポット他
瞳AF静止画:人物/動物静止画:人物/動物
動画:人物動画:人物
ISO感度ISO125-12800ISO100-32000
連写/連続撮影速度24、10、3コマ/秒11、8、6、3コマ/秒
記録 
記録メディアSDXC/SDHC/SDメモリーカードSDXC/SDHC/SDメモリーカード
メモリースティック デュオ他メモリースティック デュオ他
フォーマット静止画:JPEG静止画:JPEG
動画:XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠動画:XAVC S
電源 
バッテリーシステムNP-BX1NP-FW50
バッテリー使用時間静止画:約260枚/約130分静止画:約440枚
実動画:約45分実動画:約80分
連続動画:約75分連続動画:約125分
その他 
幅×高さ×奥行き約105.5×60.0×43.5mm約115.2×64.2×44.8mm
重量(本体のみ)266g約299g
重量(バッテリー・メモリーカード含む)約294g約343g
重量(SELP1650)約116g
本体カラーブラック/ホワイトブラック/ホワイト

※赤字はレンズキットに付属する「SELP1650」のスペック

ZV-1とZV-E10Lを比較すると、共通点はあるものの

それぞれに違った魅力があります。

「動画撮影するなら、どちらがオススメなのか?」

ココに焦点をあてて詳細比較していきます。

 

▼ ZV-1の価格や在庫状況はこちら ▼

 

▼ ZV-E10Lの価格や在庫状況はこちら ▼

 

ZV-1とZV-E10Lの詳細比較

ZV-1とZV-E10Lの比較において、特に気になる点をピックアップします。

「どこで何を撮りたいのか?」

選ぶ基準はココにあると思います。

このポイントを考えながら、SONYのVLOGCAMを比較してみましょう。

撮影環境を想像しながら読み進めてください。

 

外観について

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:外観について「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:外観について「ZV-E10L」
 デジタルカメラレンズ交換式デジタルカメラ
ブラック/ホワイトブラック/ホワイト

外観はかなり異なります。

ZV-1はとにかくコンパクトで軽量!

どこへ行くにも持ち運びがラクにできる

気軽に撮影できる手軽さがZV-1の最大の魅力です。

ただ・・・

ZV-E10Lと比較すると、価格の割に安っぽく見えるかもしれません。

 

一方、ZV-E10Lは取り付けるレンズ次第で見た目のイメージが変わります。

首からカメラをさげているだけで雰囲気が良い感じ!

所有感が満たされます。

レンズによっては、重さが増してかさばる

持ち運びが大変になるかもしれません。

 

本体カラーは2色展開です。

  • ブラックにはグレー系のウィンドスクリーン
  • ホワイトにはホワイトのウィンドスクリーン

2台のVLOGCAMに共通して言えるのは・・・

ウィンドスクリーンをつけると、かわいさが増します!

 

レンズについて

ZV-E10Lのレンズについて:「SELP1650」がレンズキットに付属する

上記の画像は、ZV-E10Lです。

レンズ「SELP1650」が付属するレンズキットです。

ZV-E10の場合、レンズは付属しません。

本体のみのため、別でレンズを購入する必要があります。

 

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:レンズについて「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:レンズについて「ZV-E10L」
ZEISSバリオ・ゾナーTレンズEマウント
E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
SELP1650
F1.8-2.83.5-5.6
f=9.4-25.7mm16-50

※赤字はレンズキットに付属する「SELP1650」のスペック

ZV-1には、ZEISSのレンズが搭載されています。

多くのプロカメラマンが愛用するZEISSのレンズ

4K動画の撮影にも最適です。

ZV-E10Lには、SELP1650のレンズが搭載。

付属のレンズ性能は、ZV-1と似ているように感じます。

 

ただし・・・

2台のVLOGCAMの大きな違い

「レンズ交換できるかどうか」

この点はカメラ選びにおいて重要なポイントです。

レンズ交換を面倒に感じる人は、ZV-1

撮影シーンに合わせてレンズ交換を楽しみたい人には、ZV-E10L

望遠や単焦点など、レンズの選択肢が増えると映像表現の幅が広がります。

レンズを揃えるには、費用がかかりますが (-ω-)/

動画の品質も格段にアップさせる事ができます。

 

センサーと有効画素数について

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:センサーと有効画素数について「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:センサーと有効画素数について「ZV-E10L」
1.0型 Exmor RS CMOSセンサーAPS-Cサイズ、Exmor CMOSセンサー
約2010万画素約2420万画素

センサーサイズには違いがあります。

  • ZV-1には、1.0型サイズ
  • ZV-E10Lには、APS-Cサイズ

ZV-E10Lは、ZV-1より一回り大きいセンサーを搭載しています。

そのため、解像度・描写・ボケ表現など性能面でより優れています。

 

また、有効画素数にも違いがあります。

約2010万画素と約2420万画素

大きな差を感じるかもしれませんが・・・

スマホ・タブレット・パソコンで撮影した画像を見る分には、違いが分からないと思います。

 

液晶モニターについて

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:液晶モニターについて「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:液晶モニターについて「ZV-E10L」
3.0型3.0型
タッチパネル非対応タッチパネル対応

液晶モニターは、どちらも3.0型です。

タッチパネルは、対応・非対応の違いがあります。

ZV-E10Lになって、タッチパネル対応!

すごく感動したのは束の間・・・

タッチ操作には、かなりの制限があります。

  • タッチシャッター
  • タッチフォーカス
  • タッチトラッキング

他の操作には対応していません。

 

ZV-1ZV-E10L
ZV-1の液晶モニターについて:画面は3.0型と大きいZV-E10Lの液晶モニターについて:画面は3.0型と大きい
ZV-1の液晶モニターについて:バリアングルに対応ZV-E10Lの液晶モニターについて:バリアングルに対応
オープン角:約176度オープン角:約176度
チルト角:約270度チルト角:約270度

どちらもバリアングルに対応しています。

オープン角・チルト角も同じです。

自撮りする時は、大画面で映像を確認しながら撮影できます。

いつでもモニターをチェックしながら撮影できるのは、嬉しいポイント!

長時間の撮影で本体が熱くなっても、バリアングルで放熱効果が期待できます。

 

接続端子について

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:接続端子について「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:接続端子について「ZV-E10L」
マイク端子マイク端子
マルチマイクロUSB端子USB Type-C端子
HDMIマイクロ端子HDMIマイクロ端子
ヘッドホン端子

接続端子の使い勝手は、ZV-E10Lの方が圧倒的に優れています。

  • Type-C対応
  • マイク端子とヘッドホン端子があるため、音声を撮りながらモニタリングできる

この2点は、ZV-1から改良されたポイント

動画を撮影する人には、かなり便利な機能だと思います。

また、ZV-E10Lになって端子類のふたの開閉がしやすい!

ZV-1の接続端子は、少し使いにくさを感じます。

 

上部のボタンについて

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:上部のボタンについて「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:上部のボタンについて「ZV-E10L」

上部のボタンにいくつかの違いがあります。

電源ボタンのON・OFFは、操作方法と配置が違います。

  • ZV-1:ボタン式
  • ZV-E10L:スライド式

内蔵マイクにウィンドスクリーン(もふもふ)をつけると

ZV-1では、もふもふがボタンとかぶり押しにくい。

ただ、ZV-1は液晶モニターの開閉で電源のON・OFFが可能です。

そのため、電源ボタンの配置はそれほど気になりません。

ZV-E10Lでは、配置が少し右になり電源の操作がしやすい。

※ZV-E10Lは液晶モニターの開閉で電源のON・OFFはできません。

 

ZV-1にあったMODEボタンが「静止画・動画・S&Q(スロー&クイック設定)」ボタンに変更。

撮影モードをボタン1つで切り替えできるのは、すごく便利です。

画像の通り、ズームレバーの位置も違います。

 

バッテリーについて

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:バッテリーについて「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:バッテリーについて「ZV-E10L」
NP-BX1NP-FW50
静止画:約260枚/約130分静止画:約440枚
実動画:約45分実動画:約80分
連続動画:約75分連続動画:約125分

実動画におけるバッテリーの使用時間を比較すると

  • ZV-1:約45分
  • ZV-E10L:約80分

約2倍の差があります。

屋外での動画撮影が多い人ほど、バッテリーの持ちは気になるポイント。

予備バッテリーがあっても、交換のタイミングがあるので持ちが良い方が嬉しいです。

なお、どちらも給電しながらの撮影が可能です。

 

ZV-1ZV-E10L
ZV-1のバッテリーについて:三脚を取り付けた状態では、バッテリー・メモリーカードの交換ができないZV-E10Lのバッテリーについて:三脚を取り付けた状態でも、バッテリー・メモリーカードの交換ができる

三脚の取り付け位置が大きく異なります。

その結果、三脚を取り付けたままの状態では

  • ZV-1:バッテリー・メモリーカードの交換ができない
  • ZV-E10L:バッテリー・メモリーカードの交換ができる

三脚を使って撮影することが多い人には、かなり重要なポイントです。

 

内蔵マイクについて

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:内蔵マイクについて「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:内蔵マイクについて「ZV-E10L」
ZV-1の内蔵マイクについて:ブラックの本体にはグレー系のウィンドスクリーンZV-E10Lの内蔵マイクについて:ホワイトの本体にはホワイトのウィンドスクリーン

動画に特化した2台のVLOGCAM

上面に3カプセルを内蔵した大きなマイクを搭載し、音質のクオリティはかなり高いです。

ウィンドスクリーン(もふもふ)は屋外での撮影時、風切り音を防ぐのに役立ちます。

もふもふがついた見た目は、とにかくカワイイ!

ちなみに・・・

  • ブラックの本体には、グレー系のウィンドスクリーン
  • ホワイトの本体には、ホワイトのウィンドスクリーン

映像だけではなく、音質にもチカラを入れたカメラと言えるでしょう。

 

手ブレ補正など、機能について

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:手ブレ補正など、機能について「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:手ブレ補正など、機能について「ZV-E10L」
光学式電子式(交換レンズ側対応)
ワイド(315点)/425点ワイド/425点
ゾーンゾーン
中央中央
フレキシブルスポット他フレキシブルスポット他
ISO125-12800ISO100-32000
24、10、3コマ/秒11、8、6、3コマ/秒

Fnボタンを押すと、設定画面を表示します。

「美肌効果・商品レビュー用設定」など、同じ機能を搭載。

機能面は、かなり似ています。

手ブレ補正はZV-1が光学式、ZV-E10Lが電子式に対応しています。

ZV-E10Lは取り付けるレンズによって、手ブレ補正が変わります。

他のレンズを選ぶ時は、手ブレ補正の機能もチェックしてください。

 

ZV-E10Lの機能について:録画中はモニターが赤い枠で囲われる

ZV-E10Lには、動画撮影時に嬉しい機能が追加されています!

録画中はモニターが赤い枠で囲われます。

  • 「録画ボタン」を押したつもりが押せていなかった
  • 後で見返したら撮れていなかった

このような経験がある人には、安心につながる機能です。

 

本体サイズと重量について

ZV-1ZV-E10L
ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:本体サイズと重量について「ZV-1」ZV-1とZV-E10Lの詳細比較:本体サイズと重量について「ZV-E10L」
約105.5×60.0×43.5mm約115.2×64.2×44.8mm
266g(本体のみ)約299g(本体のみ)
約294g(バッテリー・メモリーカード含む)約343g(バッテリー・メモリーカード含む)
約116g

※赤字はレンズキットに付属する「SELP1650」の重量

ZV-1は、コンパクトで軽量!

持ち運びしやすく、片手で撮影もできる。

ZV-E10Lは、ZV-1より一回り大きく重たいです。

レンズをいくつか持ち運ぶ場合、かさばって重さが増すのは避けられません。

それでも他のレンズ交換式カメラと比較すれば、コンパクトで軽量です。

 

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較

ここからは、2台のVLOGCAMの作例を比較します。

動画と静止画、それぞれを紹介します。

動画は撮影日・撮影場所など、撮影環境が全く異なります。

そのため、単純に撮影した映像を見てもらえればと思います。

静止画は、同じ日に同じ場所で撮影しています。

画質は好みなどもありますが、参考にしてください。

ZV-1

ZV-E10L

上記の順に紹介します。

 

動画

動画の撮影環境が全く異なります。

作例として見て頂けると嬉しいです。

 

▼ ZV-1 ▼

大阪の夜景を撮影!

Pモード、各種設定はカメラおまかせです。

 

▼ ZV-E10L ▼

大阪の公園内を撮影!

Pモード、各種設定はカメラおまかせです。

3分ほどのShort Filmです。

 

静止画

比較する写真は、同じ日に同じ場所で撮影しています。

すごく似ていますが、じっくり見ると違いが分かると思います。

作例は・・・

ZV-1

ZV-E10L

上記の順に紹介します。

 

日中の屋外で風車を撮影

▼ ZV-1 ▼

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較:静止画「ZV-1」日中の屋外で風車を撮影

▼ ZV-E10L ▼

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較:静止画「ZV-E10L」日中の屋外で風車を撮影

見た瞬間、空の青さが全然違うことに気がつきます。

また、風車の塔の色も違う事が分かります。

個人的には、ZV-1の方がより現実に近いリアルな表現に感じます。

 

室内でパンケーキを撮影

▼ ZV-1 ▼

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較:静止画「ZV-1」室内でパンケーキを撮影

▼ ZV-E10L ▼

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較:静止画「ZV-E10L」室内でパンケーキを撮影

お皿に添えられた花の色が違います。

同じ白でもお皿・生クリーム・パンケーキにかかっているパウダーなどを詳細に比較すると、それぞれの表現力に差を感じます。

 

背景ボケとくっきり

ピンク色のキャップに焦点をあてて撮影しています。

C1ボタンを押して背景ボケをON・OFFに切り換えての撮影です。

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較:静止画「ZV-1の背景ボケ」背景ボケとくっきりZV-1:背景ボケ

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較:静止画「ZV-1のくっきり」背景ボケとくっきりZV-1:くっきり

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較:静止画「ZV-E10Lの背景ボケ」背景ボケとくっきりZV-E10L:背景ボケ

ZV-1とZV-E10Lの作例を比較:静止画「ZV-E10Lのくっきり」背景ボケとくっきりZV-E10L:くっきり

ZV-1とZV-E10L

特にキャップの色に違いを感じます。

ZV-1の方がピンクの色が濃い。くっきりでは、より鮮明に撮れています。

一方、ZV-E10Lの方はピンクの色が少し薄い。背景ボケはZV-1より強いボケに感じます。

キャップ自体の色は、ZV-1の方が正確な表現をしているようです。

光の取り込み方に差があるのかもしれません。

 

動画と静止画

2台のVLOGCAMを比較してみて、どのように感じましたか?

 

ZV-1とZV-E10L:動画撮影するなら、どちらがオススメ?!

ZV-1とZV-E10Lの特に気になる点を比較してきました。

操作面や性能面で似ているところもあります。

一方、レンズについては圧倒的に違います。

動画撮影するなら、どちらがオススメなのか?

それぞれの優れている所をまとめます。

ぜひ参考にしてください。

 

ZV-1の優れているところ

動画撮影するなら、どちらがオススメ?!ZV-1の優れているところ

ZV-1の優れているところは、何と言ってもコンパクトさ!

レンズ交換の手間がかかりません。

ZEISSのレンズは、多くのプロが愛用する高性能なレンズです。

オートフォーカス機能が優秀で、カメラにおまかせ設定で撮影しても高画質。

内蔵マイクの音質も素晴らしいので、動画撮影にはオススメ!

とは言え、優れているポイントばかりではありません。

バッテリーの使用時間の短さが残念なポイント。

予備バッテリーや給電しながら撮影するなど、工夫すれば問題ありません。

気軽に持ち運べる「ZV-1」

手軽に撮影できるカメラとしては納得の一台!

 

SONY ZV-1レビュー!動画撮影に最適で初心者YouTuberにもおすすめのVlogカメラ
SONY ZV-1レビュー!動画撮影に最適で初心者YouTuberにもおすすめのVlogカメラ

続きを見る

ZV-1と一緒に欲しいカメラアクセサリー!必須アイテムも紹介【SONY VLOGCAM】
ZV-1と一緒に欲しいカメラアクセサリー!必須アイテムも紹介【SONY VLOGCAM】

続きを見る

 

ZV-E10Lの優れているところ

動画撮影するなら、どちらがオススメ?!ZV-E10Lの優れているところ

ZV-E10Lの優れているところは、レンズ交換できること。

撮影シーンにあわせて、望遠レンズや単焦点レンズなどに交換できます。

より映像表現にこだわりたい人には、オススメです。

ZV-1と同じく、内蔵マイクの音質が素晴らしい!

バッテリーの使用時間は長めなので、余裕をもって動画撮影できます。

見た目の良さからも、首からさげて外へ連れ出したくなる「ZV-E10L」

カメラを持つという所有感を満たしてくれる一台。

 

【SONY ZV-E10Lレビュー】はじめてのレンズ交換式カメラはコレで決まり!動画撮影におすすめのVLOGCAM
【SONY ZV-E10L レビュー】はじめてのレンズ交換式カメラはコレで決まり!動画撮影におすすめのVLOGCAM

続きを見る

ZV-E10Lと一緒に欲しいカメラアクセサリー!必須アイテムも紹介【SONY VLOGCAM】
ZV-E10Lと一緒に欲しいカメラアクセサリー!必須アイテムも紹介【SONY VLOGCAM】

続きを見る

 

まとめ:SONYのVLOGCAMで動画撮影を楽しもう!

ZV-1とZV-E10L

動画撮影に焦点をあてて、詳細を比較してきました。

購入を迷っている人は、結論が出ましたか?

共通する機能は多いですが、全く違う性能もあります。

「どこで何を撮りたいのか?」

撮影環境を想像しながら、ぜひ選んでください。

SONYのVLOGCAMで動画撮影を楽しみましょう!

 

SDカードの選び方!SONYのVlogカメラ【ZV-1】を例に解説
SDカードの選び方!SONYのVlogカメラ【ZV-1】を例に解説

続きを見る

Imaging Edge Mobileの使い方!SONYのZV-1でリモート撮影する方法【スマホアプリ】
Imaging Edge Mobileの使い方!SONYのZV-1でリモート撮影する方法【スマホアプリ】

続きを見る

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット