ガジェット

【自己責任】システム要件を満たさないパソコンでWindows11へアップグレードする手順

【自己責任】システム要件を満たさないパソコンでWindows11へアップグレードする手順

Windows11へアップグレードして使いたい!

早速、準備を進めるも・・・

「このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません」

パソコンにこのような表示が出てしまう・・・

システム要件を満たさない原因はさまざまです。

私のパソコンに表示された原因は、以下の通りです。

 

◆ システム要件を満たさない原因 ◆

  • PCはセキュアブートをサポートしている必要があります。
  • TPM 2.0がこのPCでサポートされ、有効になっている必要があります。
  • プロセッサは現在、Windows11でサポートされていません。

 

これらの「要件を満たさない原因」に対して

ある方法でWindows11へのアップグレードに成功しました。

それは「ファイル名の書きかえ」です。

本記事では、システム要件を満たさないパソコンでWindows11へアップグレードする手順を紹介します。

※以下の「注意事項」を必ず確認の上、作業を開始してください。

 

YouTubeにて、ほぼ同じ内容の動画を公開中!

>>動画を見てみる

動画または本記事を参考にしてください。

 

注意事項

注意事項:システム要件を満たさないパソコンにWindows11をダウンロードする手順

すべての人にオススメできる作業ではありません。

大前提として、システム要件を満たさないパソコンではWindows11へアップグレードできません。

本記事では、強引にWindows11へアップグレードしていきます。

ファイル名を書きかえることで、Windows11のシステム要件を回避する裏技的な行為です。

それによって、新たな問題を引き起こす可能性があります。

また、最悪の場合・・・

パソコンに不具合がおきて壊れてしまうかもしれません。

すべて自己責任!

Windowsの開発元であるMicrosoftは推奨していません。

Microsoftのサポートは受けられません。

当サイトに掲載された情報によって生じたいかなるトラブル・損失・損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

Windows10のサポートは、2025年10月14日まで継続します。

今すぐ、Windows11にする必要はありません。

どうしても、アップグレードを行いたい場合・・・

作業前に必要なファイルとデータのバックアップをとりましょう!

リスクを覚悟の上、Windows11へアップグレードしてください。

 

▼ コンパクトで静音!大容量のHDD

【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き
【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き

続きを見る

 

Windows11のシステム要件と確認方法

Windows11へアップグレードできるパソコンには条件があります。

仕様・システム要件等は、以下のリンクから確認してください。

>>Microsoftのホームページを見る

 

システム要件を満たさない限り、Windows11へアップグレードできません。

Windows11にできるかの確認は「PC正常性チェックアプリ」を使います。

▼ PC正常性チェックアプリの使い方 ▼

Windows11へアップデートできる?確認方法とアップデートできない時の対処法
Windows11へアップデートできる?確認方法とアップデートできない時の対処法

続きを見る

 

Windows11のシステム要件を満たさないパソコンのスペック

2012年5月に購入したパソコン

現在は別のパソコンを使用しているので、活躍の場はありません (-ω-)/

購入時のOSはWindows7

その後、Windows10へアップグレードして使っています。

参考までに・・・

パソコンのスペックを記載しておきます。

機種名Lesance BTO CLG672 TYPE-GXR2
プロセッサIntel(R) Core(TM) i7-3610QM CPU @ 2.30GHz 2.30 GHz
メモリ8.00 GB
システムの種類64 ビット オペレーティング システム、x64 ベース プロセッサ

 

Windows11のシステム要件を満たさないパソコンのスペック

PC正常性チェックアプリで診断すると・・・

「このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません」

原因は、以下の通りです。

 

◆ システム要件を満たさない原因 ◆

  • PCはセキュアブートをサポートしている必要があります。
  • TPM 2.0がこのPCでサポートされ、有効になっている必要があります。
  • プロセッサは現在、Windows11でサポートされていません。

 

これらの原因を回避してWindows11へアップグレードしていきます。

自己責任をとれる人は、以下の手順を参考にしてください。

※本記事の「注意事項」を必ず確認の上、作業を開始してください。

 

【自己責任】Windows11をダウンロードする手順

システム要件を満たさないパソコンにWindows11へアップグレードしていきます。

ダウンロード→ファイル名の書きかえ→インストール

実際の画像を使って、これらの手順を解説します。

※本記事の「注意事項」を必ず確認の上、作業を開始してください。

 

【自己責任】Windows11をダウンロードする手順:Microsoftのホームページを開く

Microsoftのホームページを開きましょう!

以下のリンクをクリックしてください。

>>Microsoftのホームページ

Windows11のダウンロード ページが開き、3つのオプションが表示されます。

 

Windows11のダウンロード手順:Windows11 ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする

3つのオプションの一番下に表示される

Windows11 ディスクイメージ(ISO)をダウンロードします。

Windows11」を選択して「ダウンロード」をクリックします。

「作業を開始する準備」の左にある+ボタンをクリックすると、詳しい内容を確認できます。

 

Windows11のダウンロード手順:「日本語」を選択して「確認」をクリック

製品の言語を選択します。

日本語」を選択して「確認」をクリックします。

 

Windows11のダウンロード手順:「64-bit ダウンロード」をクリック

64-bit ダウンロード」をクリックします。

リンクには24時間の有効期限が設定されています。

期限に注意して作業を進めてください。

ダウンロードにかかった時間は・・・

約25分

パソコン環境によって所要時間は変わります。

 

Windows11のダウンロードしたファイルは、エクスプローラー内にある

ダウンロードしたファイルは、エクスプローラー内にあります。

パソコン画面の左下にある旗のマーク「スタート」→「Windowsシステムツール」→「エクスプローラー」の順にクリックします。

 

Windows11のダウンロード手順:「Win11_Japanese_x64v1」の上で右クリックして「マウント」をクリック

エクスプローラーが開くと「ダウンロード」をクリックします。

Windows11 ディスクイメージ(ISO)ファイル「Win11_Japanese_x64v1」があるはずです。

ファイルの上でクリックして「マウント」をクリックします。

 

Windows11のダウンロード手順:「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」へ移動

ダウンロードから「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」へ移動します。

ここからは「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」をコピーして、同じモノを作成していきます。

この作業によって、同じ中身のモノが2つ用意できます。

1つは書きかえ用、もう1つは念のためのバックアップ用として使います。

以下の手順通り、作業を進めてください。

 

Windows11のダウンロード手順:「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」のコピーを作成

「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」

この上でクリックして「コピー」をクリックします。

コピーしたモノは、フォルダーを新規作成して保存します。

 

Windows11のダウンロード手順:フォルダーを新規作成する

Windows(C:)またはローカルディスク(C:)に保存しましょう!

「Windows(C:)」をクリックして開きます。

余白部分でクリックして「新規作成」→「フォルダー」をクリックします。

フォルダー名は何でもOK!

ここでは「Windows11」と分かりやすい名前にしておきます。

 

Windows11のダウンロード手順:「Windows11」のフォルダー内で右クリックして「貼り付け」をクリック

新規作成したフォルダー「Windows11」内でクリックして「貼り付け」をクリックします。

 

Windows11のダウンロード手順:「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」のコピー開始

「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」のコピーが開始されます。

しばらくお待ちください。

 

Windows11のダウンロード手順:同じ中身のモノが2つ用意できる

コピーして貼り付ける作業は完了です!

「CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」

「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」

同じ中身のモノが2つ用意できました!

1つは書きかえ用、もう1つは念のためのバックアップ用です。

  • 書きかえ用:Windows11内の「CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」
  • バックアップ用:PC内の「DVD ドライブ(E:)CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」

ここからは、Windows11内の「CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」にあるファイル名を書きかえる作業に入ります。

CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」をダブルクリックして開きます。

 

Windows11のダウンロード手順:「sources」をダブルクリックして開く

sources」をダブルクリックして開きます。

 

Windows11のダウンロード手順:「appraiserres.dll」を探して「名前の変更」をクリック

フォルダーやアプリケーション等がたくさん・・・(-ω-)/

その中から「appraiserres.dll」を探します。

似た名前が多いので、くれぐれも間違わないように!

「appraiserres.dll」の上でクリックして「名前の変更」をクリックします。

名前を「appraiserres.dll」から「appraiserres.dll_bak」に変更します。

すべて小文字です。

入力ミスがないように気をつけてください。

 

Windows11のダウンロード手順:「appraiserres.dll_bak」に書きかえ完了

「appraiserres.dll_bak」に書きかえ完了です!

つづいて「CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」をクリックします。

 

Windows11のダウンロード手順:「setup」の上で右クリックして「管理者として実行」をクリック

Windows11内にある「CCCOMA_X64FRE_JA-JP_DV9」

「setup」の上でクリックして「管理者として実行」をクリックします。

 

Windows11のインストール手順:「セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更」をクリック

いよいよ、Windows11のインストール!

セットアップ画面が起動します。

セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更」をクリックします。

 

Windows11のインストール手順:「今は実行しない」を選択して「次へ」をクリック

更新プログラム、ドライバー、オプション機能の入手を選択します。

今は実行しない」を選択して「次へ」をクリックします。

 

Windows11のインストール手順:「同意する」をクリック

適用される通知とライセンス条項の内容を確認します。

同意する」をクリックします。

 

Windows11のインストール準備中

インストールの準備中です。

しばらくお待ちください。

 

Windows11の「インストール」をクリックすると作業開始

インストール準備完了の画面が表示されます。

パソコンのOSにより異なりますが・・・

「Windows11 Home」または「Windows11 Pro」と表示されるのを確認します。

必要があれば「引き継ぐものを変更」をクリックして設定します。

準備ができたら「インストール」をクリックします。

すぐに、インストール作業が開始します。

 

Windows11のインストール中

Windows11のインストール中です。

途中でパソコンの電源がおち、数回の再起動に入ります。

しばらく待っていましょう!

インストールには、かなりの時間を要します。

私の場合は、1時間半。

パソコン環境によって所要時間は変わります。

あくまで参考にしてください。

 

Windows11のインストール手順:再起動後、時計の画面が表示される

再起動後、時計の画面が表示されます。

enter(エンター)キー」を押してください。

 

Windows11のインストール手順:「PINコードまたはパスワード」を入力

PINコードまたはパスワード」を入力します。

しばらくお待ちください。

 

Windows11のダウンロード・インストールが完了

Windows11のダウンロード・インストールが完了です。

長時間の作業、お疲れ様でした。

 

参考:Windows11バージョン情報の確認方法

システム要件を満たさないパソコン・・・

「Windows11」に変更できているのか?

気になる人は、以下の手順で確認する事ができます。

 

Windows11バージョン情報の確認方法:「スタート」をクリック

パソコン画面の左下にある旗のマーク「スタート」をクリックします。

 

Windows11バージョン情報の確認方法:「設定」をクリック

歯車マーク「設定」をクリックします。

 

Windows11バージョン情報の確認方法:「システム」を開いて「バージョン情報」をクリック

システム」をクリックして開きます。

一番下までスクロール

バージョン情報」をクリックします。

 

Windows11バージョン情報の確認方法:エディション欄の記載

バージョン情報が表示されます。

エディション欄には「Windows11 Home」との記載が!

パソコンによっては「Windows11 Pro」と記載されているでしょう。

これで間違いなく、Windows11である事が確認できます。

 

参考:Windows10に戻す方法

せっかく時間をかけて、Windows11にしたものの・・・

Windows10に戻したい。

10日以内の場合、かんたんに戻すことができます。

詳しくは、以下を参考にしてください。

 

▼ ブログ記事はこちら ▼

Windows10に戻す方法「復元」パソコンのOSをWindows11へアップデート後、10日以内の場合
Windows10に戻す方法「復元」パソコンのOSをWindows11へアップデート後、10日以内の場合

続きを見る

 

▼ YouTubeもあります! ▼

>>動画を見てみる

 

まとめ

システム要件を満たさないパソコンでWindows11へアップグレードする手順を紹介しました。

私のパソコンはWindows11にできましたが・・・

すべての人にオススメできる作業ではありません。

ファイル名の書きかえ等、強引な作業によって不具合がおきるかもしれません。

すべて自己責任!

作業前に必要なファイルとデータのバックアップをとりましょう!

リスクを覚悟の上、Windows11へアップグレードしてください。

参考までに・・・

Windows10のサポートは、2025年10月14日まで継続します。

サポート期間中は、安心してWindows10を使い続ける事ができます。

 

▼ コンパクトで静音!大容量のHDD

【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き
【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き

続きを見る

 

▼ 関連記事 ▼

Windows10に戻す方法「復元」パソコンのOSをWindows11へアップデート後、10日以内の場合
Windows10に戻す方法「復元」パソコンのOSをWindows11へアップデート後、10日以内の場合

続きを見る

Windows11とは?よくある質問10選をわかりやすく解説【パソコン初心者向け】
Windows11とは?よくある質問10選をわかりやすく解説【パソコン初心者向け】

続きを見る

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット