ガジェット

リストレストの素材対決!ジェルとウレタンで結局どう違うの?

リストレストの素材対決!ジェルとウレタン

 

リストレストの素材対決!

ジェル 対 ウレタン?!

リストレスト対決じゃと・・・

ムムムッ

 

今回は、リストレストを実際に使用してみて感じた素材の違いを書いてみます。

すでに購入された人や、これから購入を考えてる人の参考になれば嬉しいです。

 

ジェルウレタンって何が違うの?!

もしかしたら・・・

リストレストを購入する時に素材なんて気にした事がありません (/ω\)

そんな人もいるでしょう。

もしそうならリストレストの特徴を意識して使ってみてください。

リストレストに対する見え方が今までと違うはずです。

 

素材で迷っているのであれば参考にしてください。

 

それでは、ふたつの素材の特徴などをみてみましょう。

 

素材の特徴:ジェル

素材の特徴:ジェル

私は、キーボードジェル素材のリストレストを使っています。

 

ジェル素材は、とにかくさわった感触が気持ちいい (≧◇≦)

ウレタン素材に比べて柔らかいことも特徴になります。

柔らかくて、ぐにゃぁ~とした流動的なところは良い部分でもあり悪い部分でもあります。

手首を置いた時に、スーッと圧力を逃がしてくれる感じがとても良いのですが?!

手が大きい人やチカラがあってリストレストを押し沈めるような人では、支えに安定感が無いと感じることでしょう。

そうでない人なら、手首を優しく包み込むジェルの感触に心地よさを感じるはずです。

 

そして、ウレタンと大きく違うポイントなんですが・・・

手首がリストレストにふれるとヒンヤリと冷たくとても気持ちいいいです。

夏場だと手首から伝わるヒンヤリ感で作業がはかどること間違いなしです。

 

素材の特徴:ウレタン

素材の特徴:ウレタン

私は、マウスウレタン素材のリストレストを使っています。

 

ウレタン素材は、なによりもしっかり支えてくれてる感じが素晴らしいです。

ジェル素材に比べて沈み込みの抵抗が大きいことも特徴です。

それによって、支えられ感はとても良いのですが?!

人によっては、手首の当たる所が固く感じてしまい作業性を悪くしてしまうかもしれません。

それでも、ウレタン素材は手首の動きに合わせて柔軟に圧力を吸収してくれます。

じんわりと手首にそうように支えてくれる感じがウレタン素材の特徴ですね。

 

素材の性質上で温度によっては固さに変化を感じてしまうかもしれません。

夏場のように暑い時は柔らかくて、冬のような寒い時になると固く感じることがあると思います。

 

両方の素材の良いとこどりでOK

あらためて私の使用環境では・・・

を使っていますが!

これが結果的に良かったと感じてます。

 

それは何故か?!

 

まずキーボード用に使ってるジェル素材は流動的で不安定感はあっても、手首を優しく受け止めてくれます。

手首の位置があまり動かない場合であれば、ジェル素材はとても相性が良いです。

そして・・・マウス用のウレタン素材ですが、マウス操作で手首をスライドさせるときの抵抗が少なくて負担もさらに軽減してくれます。

 

要約すると・・・

あまり動作しないところではジェル素材!

動作が激しい場所にはウレタン素材!

私の使用環境上での答えですが、この組み合わせはみなさんにも試して頂けたらと思います。

 

結論:素材の良し悪しは使いどころできまる!

素材によって良いところがあれば悪いところがあります。

結論は、お互いの良い部分をうまく利用すればいいと言う事です。

私が作業するうえでは、キーボード用にジェル素材・マウス用にウレタン素材となりましたが・・・

人によっては必ずしも同じとはならないはずです。

 

使う環境に合わせて素材の良い部分をうまく利用しましょう。

是非・・・自分にあった素材を探してみてください。

 

 

 

私が使っているリストレストの記事を貼っておきます。

リストレストHyperXクールジェルタイプ
キーボード作業にはリストレストが必須!HyperXクールジェルで決まり!

続きを見る

エレコムのリストレストで疲労軽減
エレコムのリストレストでマウス操作も快適。低反発ポリウレタンで疲労も軽減!

続きを見る

コットン生地のリストレスト
コットン生地のリストレストは肌触りも良く、高さまで変えられる!

続きを見る

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット