ガジェット

NPET ゲーミングキーボード『K10』約1年間の使用レビュー!

NPET ゲーミングキーボード『K10』約1年間の使用レビュー!

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』を購入して約1年使用

あれから1年・・・

ワシの時間がいつの間に!

ムムムッ!

 

NPETゲーミングキーボード『K10』を約1年間使用してのレビューです。

デスク環境に【いろどり】を添えたい人にオススメ!

 

格安ゲーミングキーボードでは有名な『K10』

それもそのはず・・・

2021年4月現在ではなんと!

Amazonでは2,500以上のレビュー評価が (-ω-)/

 

▼ 詳しくはこちらを ▼

 

やはり2,000円台の価格は見逃せません!

私がまさに「そのひとり」 (≧◇≦)

まんまと購入しちゃいました (/ω\)

 

1万円~3万円のゲーミングキーボードは高くて手が出ない

でもゲーミングキーボードは欲しい・・・

ハイレベルな機能を求めないなら「購入選択肢」に入れてください!

この価格なら納得のレベル (^^)/

 

それでは・・・

NPET『K10』の使用レビューはじめます。

 

NPET?知っていますか!

NPETはゲーミングキーボードの売れ筋ランキング上位にあるブランド

まずはじめに・・・ (´・ω・)

2021年4月現在でも、ゲーミングキーボードの売れ筋ランキング上位にある『K10』

ですが・・・NPETって何?

みたいな人は多いでしょう。

だから簡単に調べてみました。

 

キーボードやマウス以外にも・・・

NPETのホームページを見てもらえば分かりますが!

ペット用品からスケートボードなど、様々な商品を取り扱っているオンライン販売業者です。

キーボードやマウス以外の商品も取り扱っているんですね。

 

NPETの設立は2017年で中国ブランドです。

公式HPには、『リーズナブルな価格で最高の品質を持つ様々な製品を提供する』とあります。

これからも、コスパの高い製品を期待したいですね。

 

NPET『K10』外観

NPET ゲーミングキーボード『K10』の外箱

購入してから約1年間の使用状況であることを了承ください。

箱も約1年間眠りに入っていたモノです! (・.・;)

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』の外箱には『ゲームに対する情熱』と書いてある

『ゲームに対する情熱』とは・・・

さすがゲーミングキーボード (-ω-)/

私もゲームに対する情熱はありますよ!

でも、「コントローラー派」なんです (/ω\)

別にかまいません。

キーボードであまりゲームをしなくてもゲーミングキーボードを使ってもいいんです!

デスクが明るくピカピカしたらいいんです。

 

▼ 幼い頃からの趣味 ▼

ゲームとは・・・生涯の趣味【感動は年齢を重ねた今でも変わらない】
ゲームとは・・・生涯の趣味【感動は年齢を重ねた今でも変わらない】

続きを見る

 

少し興奮してしまいましたが (´・ω・)

▼ キーボード本体はこんな感じです ▼

NPET ゲーミングキーボード『K10』の外観サイズ

テンキー付きのフルサイズキーボードで重量も約1kgと安定感はOK!

あらためて見ても2,000円台と思うとしっかりしています。

『2,000円台』だから (・ω・)ノ

接続はUSBだから、差し込めば簡単に使うことが出来ます。

差すだけでキーボードが「ピカピカ」 (≧◇≦)

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』の裏面

キーボードの裏面には滑り止めになるゴムパッドが5ヶ所!

私は普段・・・

キーボード手前にリストレスト

キーボード下にはマウスパッド(大型)

このような環境では、まず動くことはありません!

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』の裏面にあるスタンド収納

NPET ゲーミングキーボード『K10』の裏面にあるスタンド角度調整

裏面にはスタンドも用意されています。

角度調整が出来るのはありがたい (*^^)v

角度には好みがあると思うので、必要な人はスタンドを利用すればいいでしょう。

ただし、スタンド先端にはゴムなどの「滑り止め」対策はありません。

デスク環境によっては、滑りやすくなります。

 

付属品はこんな感じ!

NPET ゲーミングキーボード『K10』の付属品

  • キーボードの梱包材
  • 取扱い説明書
  • カスタマーサービスの連絡先
  • キーキャップを外す道具

カスタマーサービスの連絡先を見ると・・・

24時間以内返事いたします)と記載!

裏面には【2年間無償保証】 (-ω-)/

2,000円台の『ゲーミングキーボード』には手厚過ぎではないのか?

少し怪しく感じるが、甘えられるものはどっぷり甘えればいい!

 

あと・・・取扱い説明書!

中を見れば「バックライト調節」やら「FN」キーの組み合わせ機能を紹介しています。

必ず目を通しておくといいでしょう。

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』のキーキャップを取り外す道具

写真の通りキーキャップを取り外す道具です。

メンブレン式のため、キーキャップを外すのは掃除する時ぐらいではないでしょうか?

実際に、写真撮影もあって約1年間のホコリを取るために外しました。

 

NPET『K10』LEDバックライト

2,000円台で購入できるゲーミングキーボード!

NPET『K10』のバックライトはこんな感じです。

※写真の光度は3段階調節の「MAX」です。

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』のLEDバックライト・3種類のカラー

2,000円台で購入できるゲーミングキーボードですよ!

この雰囲気だけでも購入を決める価値はあります。

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』LEDバックライト・違うカラー

このカラーも素敵だと思いませんか?

全部で3種類の「固定バックライトモード」と「呼吸モード」があります!

※呼吸モードとは、明るくなったり暗くなったりを連続で繰り返します。

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』LEDバックライト・優しい雰囲気

3つ目のカラーは、優しい雰囲気で好んで使っています。

こちら3枚の写真で好みの色合いはありましたか?

もし好みの色があれば購入しても損はないと思います!

なんと言っても2,000円台です・・・しかも2年間の無償保証。

 

▼ 在庫の確認はこちら ▼

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』のバックライトを「OFF」

もちろん!USBを差していてもバックライトは「OFF」にできます。

バックライトの調節機能は以下を参照ください!

 

バックライト調節

  •  「LED」キー=バックライトモードを切り替える(3種類)
  • 「FN」キー+「Page Up」=バックライト光度を上げる
  • 「FN」キー+「Page Down」=バックライト光度を下げる
  • 「FN」キー+「LED」=バックライトが呼吸モード
  • 「FN」キー+「Home」=バックライトが呼吸モード
  • 「FN」キー+「-」=呼吸速度が上がる
  • 「FN」キー+「=」=呼吸速度が下がる

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』のバックライト・光度が最大光度が最大

NPET ゲーミングキーボード『K10』バックライト・光度が最低光度が最低

参考にですが、上記写真の比較は『光度の違い』です。

3段階調節の最大と最低です。消すことも可能!

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』はキーひとつにバックライトが用意

こうして見ると、キーひとつにバックライトが用意されています。

きれいに見えるのも納得です。

何度も言いますが・・・

2,000円台で購入できるゲーミングキーボード!

(。-`ω-) やりおるで『NPET

 

NPET『K10』耐水機能!

飲み物がこぼれてキーボードが濡れるパターン。

人生で一度は経験するのでは・・・私はありませんが (´・ω・)

『K10』は耐水機能が優れているとのこと。

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』は耐水機能が優れている

別に頭がおかしくなった訳ではありません!

実際に『』をかけて大丈夫なのかの検証です。

これを見た人が同じようにして壊れても責任はとれません (/ω\)

なので・・・アホな実験は今回で最後にしましょう。

 

練習を含めて2回水浴びしましたが・・・

キーボードがきれいになるだけでした!

実験後も動作含め良好 (-ω-)/

参考にしてください。

 

NPET『K10』気になるポイント!

個人的に2,000円台で購入できるゲーミングキーボードなら納得です。

でも、もう少しこうだったら的な部分を探してみました。

 

キーキャップを外すと塗装が!

NPET ゲーミングキーボード『K10』のキーキャップを外すと塗装が!

塗装のムラは気になりますが、タイピング時には見えないので特に問題はありません。

 

「無変換キー」が無い

NPET ゲーミングキーボード『K10』は「無変換キー」が無い

日本語配列モデルなのに「無変換キー」が無い!

これも気になる人と、そうでない人が分かれるポイント。

ゲーム内容によって、使う人なら注意してください。

 

「LEDバックライト」の演出をもう少し

NPET ゲーミングキーボード『K10』は「LEDバックライト」の演出をもう少しパターンが欲しい

ゲーミングキーボードなら光の演出も大切なところ!

2,000円台と納得の演出も・・・あと一押しあれば。

やはり、あとひとつふたつのパターンが欲しかったかなと。

何度も言いますが2,000円台だから仕方ないかな!

 

ゲーミングキーボードとして?

結局のところ・・・

ゲーミングキーボードとしての機能となると (/ω\)

厳しい部分は隠せません!

 

ゲーミングキーボードではあたりまえ?!

マクロ機能」や「一部のキーを無効にするゲームモード」はありません。

ゲーム中心で考えるなら注意が必要です。

逆に言えば、この機能が無くて問題なければ買いですよ!

 

NPET『K10』詳細と使用感

NPET「有線ゲーミングキーボード」
メーカーNPET
モデル番号K10
キー数106個(日本語配列)
キーピッチ19mm(実測)
キーストローク4mm(実測)
キースイッチメンブレン
耐久性キーの寿命は6,000万回以上
対応OSWindows 10,Windows 8
Windows 7,Windows XP
Windows VISTA,Mac OSなど
保証期間2年間無償保証
▼ 価格はこちら! ▼

 

 

使用感について!

私が実際に約1年間使い続けていることが証明だと思います。

普段使いでは問題はありません!

キーピッチにキーストロークも標準です。

メカニカル式の「赤軸」ほど軽いタッチ感ではありませんが、メンブレン式では軽いと感じます。

耐久性に関しても問題と感じる事はありませんでした。

しかも2年間の無償保証 (^^♪

さらにキーボードはピカピカ光ります!

 

NPET『K10』こんな機能も!

マクロ機能やゲームモードはありませんが・・・

こんな機能はあるよ!

  • 26キーロールオーバー
  • WASDと矢印キーの入れ替え

26キーロールオーバーとは?

簡単に言えば・・・

複数のキーを同時に押した場合に、その押した順序に従って認識される事です。

その認識される数が最大26キーと言う事です。

 

あと「FN」キーと「W」キーを押せばWASD↑↓←→を切り替える事ができます。

 

この流れで『FN』キーの機能を紹介しよう (-ω-)/

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』の『FN』キー機能で電卓機能が使える

「FN」+「F12」=電卓機能が使えます。

ふと計算する時に便利!

 

NPET ゲーミングキーボード『K10』で「FN」キーを押しながら各キーを押す

「FN」+「F1」=メディア(音楽再生を起動)

「FN」キーを押しながら各キーを押せば「音量上下」などの機能を利用できます。

 

NPET『K10』結局どうなの?

NPET ゲーミングキーボード『K10』約1年間の使用レビューまとめ!

私の使用環境で言えば申し分なしでオススメできる!

なんと言っても2,000円台の価格 (^^♪

使用感に特別問題はありません。

しかも2年間の無償保証まで・・・

実験通り「耐水機能」もバッチリです。

なによりLEDライトが価格以上にキレイ。

ただし・・・

ゲーミングキーボード本来の機能は妥協するしかありません。

あと数千円出して違うキーボードを購入するほうが無難です。

 

結論・・・

安くてゲーミングキーボードの雰囲気を味わうなら買って損はないでしょう!

少なくとも私に「後悔」の2文字は一切ありません!

(。-`ω-) キッパリ!!

 

▼ 最後にチェックしてみて ▼

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット