ガジェット

【ポータブルHDD】失敗しない選び方とおすすめの外付けハードディスク5選

【ポータブルHDD】失敗しない選び方とおすすめの外付けハードディスク5選

大量のデータを手軽に保存・持ち運びができる

【ポータブルHDD】

容量・対応機種・転送速度など、その種類はさまざまです。

豊富な品揃えがあるため、HDD選びに苦戦してしまいます。

何を基準に選べば良いのか?

用途や目的を考えずに選んでしまうと

  • 容量が足りない
  • 対応機種でないため、認識しない
  • 転送速度が遅すぎてイライラする

このようなトラブルに見舞われます。

 

本記事の内容

  • ポータブルHDDとは?その用途や魅力
  • 失敗しない選び方!5つのチェックポイント
  • おすすめの外付けハードディスク5選

 

ポータブルHDDを選ぶときは

本記事で紹介する「5つのチェックポイント」を確認してください。

失敗する事なく、使用環境にあったポータブルHDDを選択できるでしょう!

 

私にはお気に入りのポータブルHDDがあります。

▼ Seagate Expansion ポータブルHDD ▼

【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き
【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き

続きを見る

 

パソコン環境が快適になり、買って良かったと思える製品です。

ただ・・・

正直なところ、他にも欲しいと思うHDDがありました。

せっかくの機会なので (^^♪

おすすめの外付けハードディスクとして、私が選ぶときに「悩んだ5選」を紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

 

ポータブルHDDとは?その用途や魅力

ポータブルHDDとは?その用途や魅力

HDDとは、Hard Disk Drive(ハード・ディスク・ドライブ)を略した言葉

データを保存する記憶装置のことです。

主な記憶装置は、HDD・SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)・USBメモリなどがあります。

HDDはプラッタと呼ばれる磁気ディスクが高速回転し続けることで、データの読み込み・書き込みを行います。

今回紹介する「ポータブルHDD」

HDDの中でも軽量コンパクトで持ち運びに適しています。

 

ポータブルHDDの用途

ポータブルHDDの主な用途は、以下の通りです。

  • 写真、動画、音楽データの保存
  • パソコンのバックアップ
  • テレビ番組の録画
  • ゲームデータの保存
  • 容量不足の解消

用途はさまざまで、パソコン・テレビ・ゲーム機などに接続して使います。

そのため、使用環境によって必要な容量も異なります。

ポータブルHDDの主な容量は、500GB~5TBまで

  • 大量のデータを保存したい
  • 保存したデータを手軽に持ち運びたい
  • 出来るだけ価格はおさえたい

このような人には、圧倒的におすすめ!

それが、今回紹介する「ポータブルHDD」になります。

 

ポータブルHDDの魅力

データを保存する記憶装置には、HDD・SSD・USBメモリなどがあります。

それぞれを比較してみましょう!

HDDはSSDより

  • 容量が大きいのに、低価格
  • 読み書きの転送速度は遅い
  • 動作音はHDDによって異なる

HDDはUSBメモリより

  • 容量は大きいが、価格は高い
  • 読み書きの転送速度は高速
  • 動作音は静か

上記の通り、HDDはSSDとUSBメモリの良いとこどりをした製品と言えるかもしれません。

ポータブルHDDの主な魅力をまとめると

  • 軽量コンパクトで持ち運びしやすい
  • 5TBまでの大容量データを保存できる
  • パソコンのUSBから給電できるため、電源アダプターは不要
  • 低価格

気になる転送速度は・・・と言うと

SSDより遅いが、USBメモリより高速です。

個人的には、速度に不満を感じる事なく快適に使っています。

何より、手のひらサイズのコンパクトさ!

片手でラクラクと持てる軽さ!

ノートパソコンと一緒に持ち運んでも重さは気になりません。

大量のデータを詰め込んで、カフェなどで作業できる携帯性の良さが最大の魅力です (^^♪

 

【ポータブルHDD】失敗しない選び方!5つのチェックポイント

【ポータブルHDD】失敗しない選び方!5つのチェックポイント

ポータブルHDD選びに失敗すると

以下のようなトラブルに見舞われます。

  • 容量が足りない
  • 対応機種でないため、認識しない
  • 転送速度が遅すぎてイライラする

買った後での後悔や不満は避けたいものです。

そのためには、用途や目的にあわせて選ぶことが重要です。

  • どのくらいの容量が必要なのか?
  • 何を保存するのか?
  • 予算は?

これらの事を考えつつ、ポータブルHDDの性能をチェックしましょう!

 

選ぶときは、5つのチェックポイントを確認してください。

▼ チェックポイント ▼

  1. 必要な容量は?
  2. 持ち運びのしやすさ
  3. 対応機種とフォーマット形式
  4. 転送速度はUSB規格でチェック!接続端子の確認も忘れずに
  5. 保証期間とサポートの充実

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

 

【1】必要な容量は?

何を、どのくらい保存したいのか?

そのために必要な容量は、どのくらいか?

ココを明確にしないと、ポータブルHDDを選ぶことが出来ません。

一般的なポータブルHDDの容量は、500GB~5TBです。

容量が大きくなると、サイズ・重さはもちろんの事、価格も高くなりがちです。

予算を考えつつ、用途や目的に合った容量を選びましょう。

 

参考までに・・・

以下に目安を記載しておきます。

◆ 1TBの保存容量<目安> ◆

  • 1,200万画素の写真:約25万枚
  • 1分100MBのフルHD動画:約166時間
  • 4K動画:約28時間
  • 1曲5MBの音楽:約20万曲

~1TB

写真や文書など、容量の小さいデータの保存に適しています。

2TB~3TB

動画や音楽データの保存、パソコンのバックアップ、テレビ番組の録画、ゲームデータの保存に適しています。

4TB~

高解像度の写真や4K動画の保存をメインにする場合、4TB以上あると安心です。

 

【2】持ち運びのしやすさ

ポータブルHDDの多くは、持ち運びを前提に製造されています。

そのため、コンパクトで軽量!

USBから電源供給できるため、手軽に持ち運びできます。

電源アダプターが不要だと、便利で使いやすい (^^♪

 

HDD選びで失敗しないために

以下のポイントをチェックしましょう。

  • 耐久性
  • セキュリティ性能

構造的に振動や衝撃に弱い「HDD」

HDDを持ち運ぶという事は、落下・紛失・盗難のリスクがあります。

うっかり床に落としてしまうと、破損や故障を引き起こします。

滑り止めの有無・耐衝撃性の高さなど、耐久性をチェックしましょう。

持ち運ぶ時の保護ケースは、必須アイテムです。

 

万が一、紛失・盗難にあってもセキュリティ機能が高ければ、大切なデータを保護できます。

  • データを暗号化して保存
  • パスワード入力でロックを解除すると、データにアクセスできる

このような機能を搭載していると、安易にデータを見られる事はありません。

個人情報など重要なデータを扱う場合は、安全対策を徹底しましょう。

 

【3】対応機種とフォーマット形式

ポータブルHDDを何と接続して使いますか?

パソコン・テレビ・ゲーム機など、使用環境に適しているかを確認しましょう。

対応する機種や互換性など、ポータブルHDDによって異なります。

パソコンで使用する場合、対応するOSを確認しましょう。

  • WindowsとMacの両方に対応
  • Windows専用
  • Mac専用

上記の通り、一方にしか対応していないHDDがあります。

 

はじめてポータブルHDDを接続する時は、フォーマットの確認も忘れずに!

フォーマット済みか未フォーマットか

パソコンで使用する場合

以下のフォーマット形式をおすすめします。

  • WindowsとMac両方で使用:exFAT形式
  • Windowsのみで使用:NTFS形式
  • Macのみで使用:HFS+形式

先日、購入したポータブルHDDは「exFAT形式」にフォーマット済みの状態でした。

私の場合、Macで使用する機会がありません。

Windowsのみでの使用となるため、「NTFS形式」にフォーマットし直して使っています。

フォーマット形式は、使用環境に合わせましょう。

詳しい手順は、以下の記事で解説しています。

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法。Seagate ExpansionポータブルHDDを例に解説
Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法。Seagate ExpansionポータブルHDDを例に解説

続きを見る

 

【4】転送速度はUSB規格でチェック!接続端子の確認も忘れずに

転送速度とは、一定時間内に転送できるデータ量のことです。

パソコンなどに接続して、データを読み込んだり書き込んだりするときの速度を指します。

転送速度はUSB規格をチェックしましょう!

ポータブルHDDの主なUSB規格は、以下の通りです。

  • USB2.0
  • USB3.0:別名 USB3.1 Gen 1/USB3.2 Gen 1(最大5Gbps)
  • USB3.1:別名 USB3.1 Gen 2/USB3.2 Gen 2(最大10Gbps)
  • USB3.2:別名 USB3.2 Gen 2×2(最大20Gbps)
  • Thunderbolt3

写真や文書など

容量の小さいデータはUSB2.0の速度でも気にならないかもしれません。

動画・音楽・ゲームデータなど

容量の大きいデータを扱う場合、USB3.0対応は必須です。

USB規格は、USB3.0対応のHDDを選びましょう!

※USB3.1 Gen 1USB3.2 Gen 1は、USB3.0規格に含まれます。

名称がややこしいですが、「USB2.0対応は速度が遅い」と覚えておいてください。

読み書き速度の目安として「100MB/s」あれば、高速のHDDと言えるでしょう。

 

Thunderbolt3はApple社が商品化した新しい規格の1つです。

USB3.0より約8倍高速で、Macを使っている人には馴染みがあるかもしれません。

現状では、対応するHDDやパソコンが少なく価格も高いためオススメしません。

より速さを求める人は、SSDを選択肢に入れて考えましょう。

▼ 超高速のSSD! ▼

 

接続端子の形状と規格を確認してください。

ポータブルHDDの主な接続端子は、以下の通りです。

  • Type-A(USB2.0/USB3.0/USB3.1)
  • Type-C(USB2.0/USB3.0/USB3.1/USB3.2/Thunderbolt3)

HDD側だけでなく、パソコン側も同じUSB規格を搭載している必要があります。

よくある失敗の1つに、こんな事例があります。

「USB3.0対応のHDDを購入したのに転送速度が遅い!」

原因はパソコンなど接続する側のUSBポートにあります。

USB2.0のポートに差し込むと、転送速度は遅くなります。

転送速度を発揮するためには、HDD側とパソコン側の両方がUSB3.0対応である必要があります。

パソコンなど使用する機種のUSB接続端子の形状と規格をチェックしましょう。

 

【5】保証期間とサポートの充実

データの破損や故障がつきものの「ポータブルHDD」

  • 保存したデータが消えてしまった
  • HDDが認識しなくなった
  • すぐに壊れてしまった

このようなトラブルに見舞われたとき、相談できる窓口があると安心です。

HDD本体に異変や異常を察知する「故障予測機能」がついている製品があります。

この機能の精度はよく分かりませんが

壊れる前に知らせてくれると、対応できる可能性があります。

有償・無償など利用条件はありますが

「データ復旧サービス」に対応している製品もあります。

保証期間とサポートの有無・内容をチェックしましょう!

 

【ポータブルHDD】おすすめの外付けハードディスク5選

ここからは、おすすめの外付けハードディスクを紹介します。

私が選ぶときに「悩んだ5選」でもあるため、厳選されたポータブルHDDになります。

ぜひ、参考にしてください。

 

【1】Seagate Expansion ポータブルHDD

Seagate Technology(シーゲイト・テクノロジー)が製造元です。

どこ?聞いたことがない!と思われるかもしれませんが・・・

アメリカの老舗HDD・SSD製造メーカーです。

世界シェアではトップクラスを誇ります。

そして、私が実際に購入したHDDでもあります (^^♪

正直なところ、紹介する5選の中で最もコスパ最強だと思います。

▼ 購入レビューはこちら ▼

【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き
【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き

続きを見る

 

容量1TB・2TB・4TB・5TB
対応機種Windows・Mac
フォーマット形式exFAT形式
インターフェースUSB3.0
サイズ(幅×高さ×奥行き)115.3×80×12.6mm(1TB・2TB)
115.3×80×20.9mm(4TB・5TB)
重さ159g(1TB・2TB)
224g(4TB・5TB)
保証期間3年

おすすめポイント

  • Windows・Mac両方で使える
  • exFAT形式にフォーマット済み
  • 静音性が高く、放熱性にも優れている
  • 3年間の長期保証
  • データ復旧サービスあり

 

【2】WD My Passport ポータブルHDD

WDとは、Western Digital(ウエスタンデジタル)の略で製造元になります。

ポータブルHDD「My Passport」は、Windows・Chrome OS対応です。

WDが提供する専用ソフトウェアを使用すると、Macにも対応します。

※一部、操作に制限あり

また、自動バックアップや暗号化など、セキュリティ性能が高い製品です。

ブラック・ホワイト・レッド・ブルーなど、カラー展開が豊富です。

以下の通り、他に関連製品があります。

 

容量1TB・2TB・4TB・5TB
対応機種Windows・Chrome OS・Mac
フォーマット形式NTFS形式
インターフェースUSB3.0(USB3.2 Gen 1)
サイズ(幅×高さ×奥行き)107.2×75×11.15mm(1TB・2TB)
107.2×75×19.15mm(4TB・5TB)
重さ120g(1TB・2TB)
210g(4TB・5TB)
保証期間3年

おすすめポイント

  • 豊富なカラーバリエーション
  • オシャレさと機能性に優れている
  • Windows・Chrome OSで使える
  • NTFS形式にフォーマット済みのため、Windowsですぐ使える
  • 再フォーマットすると、Macにも対応
  • 3年間の長期保証

 

【3】BUFFALO ミニステーション HD-PCFSU3-Aシリーズ

BUFFALO(バッファロー)を身近な存在に感じる人も多いのでは?

私もパソコン周辺機器でお世話になっています。

機器の異常を検知して知らせてくれる「みまもり合図」対応です。

精度の高さは分かりませんが (-ω-)/

故障する前に把握できれば安心につながります。

バッファロー正規のデータ復旧サービスは、有償での対応になります。

保証期間が1年と短かったため、私は購入を断念しました。

 

容量1TB・2TB・4TB・5TB
対応機種Windows・Mac
フォーマット形式NTFS形式
インターフェースUSB3.0(USB3.1 Gen 1)
サイズ(幅×高さ×奥行き)約76×14×115mm(1TB・2TB)
約76×19.5×115mm(4TB・5TB)
重さ約150g(1TB)
約175g(2TB)
約225g(4TB・5TB)
保証期間1年

おすすめポイント

  • シンプルで洗練されたデザイン
  • NTFS形式にフォーマット済みのため、Windowsですぐ使える
  • 再フォーマットすると、Macにも対応
  • 故障予測サービス「みまもり合図」対応
  • データ復旧サービスあり

 

【4】アイ・オー・データ HDPH-UTR/Eシリーズ

アイ・オー・データには「Sync Connect⁺(シンクコネクトプラス)」というバックアップ機能があります。

設定してしまえば、あとは自動でバックアップしてくれます。

このような機能を必要とする人には、おすすめのHDDです。

私が購入しなかった理由は2つです。

  • 価格が少し高い
  • 保証期間が1年

それ以外については、デザインもオシャレで使い勝手の良いHDDだと思います。

 

容量1TB・2TB・4TB・5TB
対応機種Windows・Mac
フォーマット形式NTFS形式
インターフェースUSB3.0(USB3.1 Gen 1)
サイズ(幅×高さ×奥行き)約76×114×15mm(1TB・2TB)
約76×114×20mm(4TB・5TB)
重さ約160g(1TB・2TB)
約230g(4TB・5TB)
保証期間1年

おすすめポイント

  • 傷や指紋が目立ちにくいデザイン
  • 滑り止めとして、側面に波模様あり
  • NTFS形式にフォーマット済みのため、Windowsですぐ使える
  • 無料ソフトを使用すると、Macでも再フォーマットなしでフルに使える

 

【5】東芝 Canvio HD-TPA/Nシリーズ

国内ブランド「東芝製」のポータブルHDDです。

東芝「レグザ」やソニー「ブラビア」など

対応するテレビであれば、番組の録画にも使えます。

また、サポートはバッファローの窓口が対応します。

バッファローのHDDと同じく、「みまもり合図」が搭載されています。

 

容量1TB・2TB・4TB
対応機種Windows・Mac・テレビ
フォーマット形式NTFS形式
インターフェースUSB3.0(USB3.2 Gen 1)
サイズ(幅×高さ×奥行き)109×78×14mm(1TB)
109×78×19mm(2TB)
109×78×19mm(4TB)
重さ100g(1TB)
180g(2TB)
260g(4TB)
保証期間1年

おすすめポイント

  • パソコンだけでなく、テレビにも対応
  • NTFS形式にフォーマット済みのため、Windowsですぐ使える
  • 再フォーマットすると、Macにも対応
  • 故障予測サービス「みまもり合図」対応
  • データ復旧サービスあり

 

まとめ

大量のデータを手軽に保存・持ち運びができる

【ポータブルHDD】

豊富な品揃えがあり、選ぶのがむずかしい (-ω-)/

用途や目的にあわせて選びましょう。

  • 容量が足りない
  • 対応機種でないため、認識しない
  • 転送速度が遅すぎてイライラする

上記のような失敗を避けるために

5つのチェックポイントを確認してください。

▼ チェックポイント ▼

  1. 必要な容量は?
  2. 持ち運びのしやすさ
  3. 対応機種とフォーマット形式
  4. 転送速度はUSB規格でチェック!接続端子の確認も忘れずに
  5. 保証期間とサポートの充実

 

「おすすめの外付けハードディスク5選」は、実際に私が選ぶときに「悩んだ5選」でもあります。

数ある中から厳選したHDDのため、おさえておきましょう。

本記事がポータブルHDDを使い始めるキッカケや選ぶ参考になってくれると嬉しいです。

 

▼ 関連記事はこちら ▼

【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き
【外付けHDDレビュー】Seagate Expansionポータブルは5TBの大容量で高速!しかもデータ復旧サービス付き

続きを見る

Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法。Seagate ExpansionポータブルHDDを例に解説
Windowsで外付けHDDをNTFS形式にフォーマットする方法。Seagate ExpansionポータブルHDDを例に解説

続きを見る

【注意喚起】ハードディスク(HDD)の不具合・故障を避けるために出来る7つのこと
【注意喚起】ハードディスク(HDD)の不具合・故障を避けるために出来る7つのこと

続きを見る

 

\ Follow Me /

YouTube・Twitterもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-ガジェット